Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
大学生ブログ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
読後にワンクリック! 日芸マスコミ研究会は、日本ブログ村のランキングに参加しております!! 是非是非、ご協力よろしくお願い申し上げます!
お問い合わせは・・・
nichigeimasuken@gmail.com まで
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 「RKRS」 観劇レポート
    haru_ (07/05)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    伊藤 (02/28)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    wakana (02/22)
  • 文芸学科発!就職セミナー…小川真美さん
    面接の特技 (03/01)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    渕上 (08/31)
  • 『コクリコ坂から』論
    小山 (08/30)
  • 『コクリコ坂から』論
    yamashita (08/30)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    yamashita (08/30)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
文京区周辺文学名所めぐりァ阻/浸の門、それから、三四郎池〜

文京区周辺文学名所めぐりそのイ任后


菊坂をめぐった一同は、昨年12月29日の記事でご紹介させていただいた喫茶店、「COFFEE リオ」を訪れます。


央子さんの話とおいしいコーヒーに、ここまで歩いてきた疲れをいやし、日も暮れたなか、最後の文学名所めぐりに出かけたのです。。

CIMG608000010001.jpg


上の写真は、一葉会館のある「浄土宗法真寺」に向かう途中、東大赤門前のバス停の前にあった「大学堂メガネ店」です。


こちらは宮沢賢治が上京していた大正10年(1921)1月〜8月までの約7ヶ月間、働いていた文信社があった場所です。(8月、妹トシの肺炎の悪化の知らせで賢治は急遽、花巻に戻りました。。)ここで校正などを行いながら、昼休みには日蓮宗の布教活動をしたという賢治。平行して童話・詩歌の創作に専念していたそうです。


そのペース、一日に原稿用紙300枚(!!)の割合で書いたとか・・・!


日芸文芸学科の卒業制作が、小説だけ提出の場合、原稿用紙100枚以上(詳しくは9月25日の記事『卒論の話』をご参照ください)なのですが、賢治にかかれば8時間でできる、ということですね・・・!(一日を睡眠時間を含めずに24時間とし、単純に3で割った計算です。。)


文芸学科の卒業制作の締め切りまであと一週間。賢治のことを思えば、へっちゃらな気がしてきました・・・!


《つづきは下の「続きを読む」をクリック!》

続きを読む >>
posted by: 日芸マス研 | 文学名所めぐり | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |-
文京区周辺文学名所めぐりぁ禅萄筺Ω緤圈

文京区周辺文学名所めぐりそのい任后


今回は、菊坂・後編ということでいよいよ、この日のメインの目的地である、樋口一葉の旧居跡を目指します!


本郷菊富士ホテル跡地を見学したのち、再び来た道を戻り、下通りを進みます。


CIMG604600010001.jpg


上の写真は、宮沢賢治が故郷・岩手県花巻から大正10年(1921)1月に上京し、同年8月まで間借りしていた場所のあったところです。


童話集『注文の多い料理店』に収められた「かしわばやしの夜」「どんぐりと山猫」などの主な作品はここで書かれたものであるそうです・・・!


CIMG604900010001.jpg
宮沢賢治旧居跡に隣接する階段です。この階段を踏みしめながら、さまざまな童話や詩を生み出していったのですね。。


《つづきは下の「続きを読む」をクリック!》

続きを読む >>
posted by: 日芸マス研 | 文学名所めぐり | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |-
文京区周辺文学名所めぐり〜菊坂・前編〜

文京区周辺文学名所めぐりそのです!


今回はいよいよ、樋口一葉ゆかりの地である菊坂を歩きます!


CIMG602100010001.jpg
菊坂のはじまりです。


CIMG602000010001.jpg
看板です。


前回(1月3日)のレポでは湯島天神から春日通りを本郷方面に進みました。さらに歩を進め、本郷通りとの交差点(「本郷もかねやすまでは江戸の内」という言葉で有名な“かねやす”があります)で信号を渡ります。右折し、東京大学のある方面に行き、マクドナルドをさらに越します。パチンコ屋のあるわき道を左にまがると、そこにある坂が菊坂です!


《つづきは下の「続きを読む」をクリック!》

続きを読む >>
posted by: 日芸マス研 | 文学名所めぐり | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |-
文京区周辺文学名所めぐり◆僧枉猶 

文京区周辺文学名所めぐりその△任后(その,蓮∈鯒度、12月31日の記事をご参照ください。。)


湯島天神を後にし、切通坂のある春日通りを本郷方面に上ります。信号を渡り、さらに少し進むと本郷通りと交わる交差点が遠くのほうに見えてきます。

その辺りの右側にある、わき道を入って奥のほう。そこにあるのは、ひっそりとたたずむ『麟祥院』です!


CIMG601100010001.jpg


ここ麟祥院、三代将軍徳川家光の乳母である、「春日局」の墓がある、ということで、それを目指し、どんどん奥へ進みました。。


《つづきは下の「続きを読む」をクリック!》

続きを読む >>
posted by: 日芸マス研 | 文学名所めぐり | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) |-
文京区周辺文学名所めぐり 蘇塲γ哂湯島天神〜
マス研副部長・藤野、現在家族旅行でなぞに熊谷に来ています!(決して、親戚がいるわけでも、観光のためでもありません…)

そんなことも、国民の半数近くが紅白を見ている時間帯だということも関係なく、記事を更新いたします。。(紅白はちゃんと観ながら、記事を書いています…!)

文京区周辺文学名所めぐりその,任后



上野駅公園口を出発し、不忍池に向かいます。



数々の文学者が歩いた、京都を模して造られたといわれるここ、不忍池。蓮の花が枯れ、茶色い水面と青い空のコントラストがのどかな雰囲気を醸し出しています。。

岸辺では二匹の鴨が争っていました。。ひと段落したのち、そのうち優勢だった一匹に近づき、さらに「やれやれ」とそそのかす二匹の鴨…。その様子は、さながら人間と同じだなぁ、と思いました。。

それらを密かに傍観する鴨(?)がいました。



“つり禁止”の上に立つ鴨。なんとなく、シュールな図柄です。なにもせず、“傍観者”という立場のやつがいるところも人間らしいですね…!

つぎに訪れたのは、湯島天神です。





ここ湯島天神は、学問の神様・菅原道真が祀られていることで有名なだけでなく、泉鏡香の小説『婦系図(おんなけいず)』の舞台となったことでも実は、密かに有名です…!

《つづきは下の「続きを読む」をクリック!》
続きを読む >>
posted by: 日芸マス研 | 文学名所めぐり | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) |-
COFFEE リオ

本日(12月29日)は、文京区周辺、文学名所巡りをいたしました!


第一弾目の本日は…!?

なんと、“文学名所めぐり”とは別に、中盤以降、歩きつかれて偶然立ち寄った喫茶店「COFFEE リオ」についての記事です!


CIMG607600010001.jpg


「COFFEE リオ」は東京大学赤門を出てすぐの信号を渡り、左折。数分進むと右手に見えてきます。「かねやす」のある交差点近くのマクドナルドまで足を進めてしまったあなたは、行き過ぎです!


《つづきは下の「続きを読む」をクリック!》

続きを読む >>
posted by: 日芸マス研 | 文学名所めぐり | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) |-