Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Sponsored links
政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
大学生ブログ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
読後にワンクリック! 日芸マスコミ研究会は、日本ブログ村のランキングに参加しております!! 是非是非、ご協力よろしくお願い申し上げます!
お問い合わせは・・・
nichigeimasuken@gmail.com まで
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 「RKRS」 観劇レポート
    haru_ (07/05)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    伊藤 (02/28)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    wakana (02/22)
  • 文芸学科発!就職セミナー…小川真美さん
    面接の特技 (03/01)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    渕上 (08/31)
  • 『コクリコ坂から』論
    小山 (08/30)
  • 『コクリコ坂から』論
    yamashita (08/30)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    yamashita (08/30)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
日大理工学部LAさんへお邪魔してきました!

ごきげんよう、井ノ森です。

今回私達は日大理工学部の団体

Library Associate(以下LA)さんとの交流をしてきました。

 

LAさんはその名の通り図書館に関係にある活動をしている団体です。

団体の目的は学校の図書館をより使いやすい、良い空間にすること。

 

利用者である学生目線で考え、

図書館を盛り上げるために企画・広報・運営などもこなす

いわば日大理工学部の図書委員のような存在です。

 

その活動等でマスコミからの注目もされている

今とってもアツイ団体さんです!

(実は私達のお邪魔した後日にテレビ取材も

 あったらしいのです)

 

以下は新人マス研ライターのりくおの記事となります!

 

*******

 

 

私が船橋キャンパスについた時最初に受けた印象は「とにかく大きい。」だ。

キャンパス内を歩いていると小学生とも見える小さい子や高校生、大学生と大小様々な生徒が歩いていることに驚いた。

どうやら、短期大学と高等学校が同じキャンパス内にあるらしい。

 

 

私たちが向かったのはそんなキャンパスの中央通りをまっすぐ行ったところにある図書館だ。

図書館にてLAさんたちと顔合わせをするとさっそく

私たちは『図書館ミステリー』を解くべく図書館のメインフロアへ足を運んだ。

 

 

製作者に簡単な説明をしてもらいいざスタート。

理工学部の方と共に解き始めたが、第一ポイントから早くも苦戦。

その後もメモ帳など重要な証拠を頼りに謎を解いていくがこれまた苦戦する

 

 

 

(※右二人はLAの方です笑)

 

スタートからポイントごとに深く深く移動するたび

私たちはいつのまにか不思議とミステリーの世界に入りこんでいく。

雰囲気がそうさせるのか、作品がそうさせるのか、

まるでミステリーの魅惑であるかのように吸い込まれていた。

 

すべてのポイントを回り、私たちはポイント毎の文書と呼ばれる証拠を照らし合わせ、

設置してある回答箱に犯人だと思う人の名前を書いた用紙を入れた。

が、果たして、真相に近づけたのか……。

 

***********

 

 

用意された部屋にて、今回は特別に制作者による今回の事件の解説をしてもらった。

ミステリーは解け始めて私たちはポイント毎の謎や練り上げられたストーリー性、

各文書や殺人現場の写真に至るまで細かく作り上げられていることに驚いた。

 

今回なぜこの『図書館ミステリー』を制作したのか質問してみたところ、

LAの目的でもある図書館を盛り上げるためのイベントをしたかったとのこと。

そのためミステリツアーには図書館内で普段あまり利用されていない

場所にもヒントをちりばめ、足を運んでもらえるよう工夫がなされている。

因みに正解者には特典もあるらしい。

 

 

***********

 

LAさんは船橋と駿河台のキャンパス両方を拠点に活動しており、

定例会が一月から二月に一回開かれている。

本拠地はなく、両キャンパスを交互に使い活動中。

団体の人数も年々増えているとのこと。女性も多く入って来たということで、

新たに花も多く加わった新LAさんのこれからの更なる活躍に期待だ。

 

***********

 

<理工学部の展示室や施設など>

 

 

 

 

 

 

取材後は校舎案内もしていただき、

LAさんをはじめ図書館のスタッフの方々にも

大変お世話になりました。

ありがとうございました!!

 

HP:LAの扉

Twitter:日大理工学部Library Associate

posted by: 日芸マス研 | 大学めぐりレポ | 14:23 | - | - |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 14:23 | - | - |-