Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
大学生ブログ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
読後にワンクリック! 日芸マスコミ研究会は、日本ブログ村のランキングに参加しております!! 是非是非、ご協力よろしくお願い申し上げます!
お問い合わせは・・・
nichigeimasuken@gmail.com まで
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 「RKRS」 観劇レポート
    haru_ (07/05)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    伊藤 (02/28)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    wakana (02/22)
  • 文芸学科発!就職セミナー…小川真美さん
    面接の特技 (03/01)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    渕上 (08/31)
  • 『コクリコ坂から』論
    小山 (08/30)
  • 『コクリコ坂から』論
    yamashita (08/30)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    yamashita (08/30)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
「世界の中の林芙美子」展



こんにちは
せいたかのっぽです
今日から補講期間が始まりましたね
いつもより人の少ない所沢校舎に
少し寂しい気持ちになりました
学バスが空いているのは万々歳ですが(笑)


先日、「世界文学の中の林芙美子」展に
ようやく行って参りました!




 







林芙美子と大泉家の関係説明として
実際あったパネルには「柿の実」の一節が載っており
それを読んでみて、林芙美子という人物は
嫌みっぽい人だなと思う一方で、
表に素直に出せないかわいそうな人だと思いました

「今日は日照りがなかつたからまづいだらう」の
日照りはきっと子供たち(大泉一家、淵子ちゃん)が
いないということなんでしょうね


彼女が実際に着用していた浴衣も展示されていて
目測でしかありませんが、実際は私の口か鼻くらいなはずなのに
ずいぶんと大きく感じました
着た姿も想像してみましたが、肝っ玉母ちゃんでもなく
かかあ天下でもなく、小うるさいおばさんでもない
かといって近所の優しいおばちゃんでもない、
とても不思議な感じです
近いのはベテラン女教師かもしれません


手塚緑敏の絵画を観てみて
林芙美子という女性を支えた男はどういう人だったのか
絵からは怒の部分や、乱雑さは伝わってきませんでした
妻の仕事を支える男性像にぴったりの画風なのかもしれません
「鱈」に描かれている2匹の鱈の顔からそんなことが伺えました


海外で翻訳された林芙美子作品の数々も
本当にいろんな国で翻訳されているんだなと感心しました
また、表紙でその国の林芙美子に対する印象、
作品に対する印象というのもわかりました
重く陰のあるような絵、色を使っているものが多かった印象です


私がいたのは2時間程度でしたが
まだまだ語るべき箇所は見つかる気がします
1つ1つに奥がある
そういう意味で、この展示会に出展されたものは
すべてが重要で林芙美子を知る上で
必要不可欠なものなのではないでしょうか
皆さんもぜひ足を運んでみてください

「世界文学の林芙美子」展
 6月25日(火)〜 7月26日(金)※日曜休館
日本大学芸術学部芸術資料館
(西武池袋線 江古田駅北口下車 徒歩2分)
月〜金: 午前9時30分 〜 午後4時30分
土 : 午前9時30分 〜 正午
見学料無料


せいたかのっぽ

posted by: 日芸マス研 | 林芙美子没後60年プロジェクト | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:15 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://nuartmasuken.jugem.jp/trackback/618
トラックバック