Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Sponsored links
政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
大学生ブログ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
読後にワンクリック! 日芸マスコミ研究会は、日本ブログ村のランキングに参加しております!! 是非是非、ご協力よろしくお願い申し上げます!
お問い合わせは・・・
nichigeimasuken@gmail.com まで
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 「RKRS」 観劇レポート
    haru_ (07/05)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    伊藤 (02/28)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    wakana (02/22)
  • 文芸学科発!就職セミナー…小川真美さん
    面接の特技 (03/01)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    渕上 (08/31)
  • 『コクリコ坂から』論
    小山 (08/30)
  • 『コクリコ坂から』論
    yamashita (08/30)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    yamashita (08/30)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
日芸、金のたまごを発見!(芸祭・2日目)
 こんにちは、伊藤です。

今日は金のたまご文学賞授賞式Shousetu No1 スカウトキャラバン
14時から中庭ステージで開催されました!
ついに、金のたまご文学賞も第5回目となりました。


金のたまご文学賞 中庭ステージ


去年の金のたまご文学賞授賞式もマス研では取材しています。
こちらの記事もご覧になってみてください。

第4回金のたまご文学賞 発表!!


今年は初めての中庭ステージということもあり、
主催の金のたまご文学賞を盛り上げる会のみなさんは大変そうでした・・・


お手製の看板で誘導していました


また、今回は授賞式だけではなく
前にもご紹介したように、大手出版社のプロの編集者の方々が
学生の作品をスカウトしてくださいました!


左・小川将司氏  真ん中・校條剛氏 右・須藤寿恵氏


参加してくださった編集者の方々です!
詳しくご紹介させていただきます。

写真左手の小川将司氏は、徳間書店の出版局企画開発室に所属。

写真中央の校條剛氏は、電子雑誌「アレ!」編集長。
校條氏は、日芸でもジャーナリズム論をオムニバス形式で担当してくだっており
とても日芸と関係の深い編集者の一人です。

写真右手の須藤寿恵氏は、講談社文芸図書第一出版に所属。


豪華編集者のみなさまが、誰をスカウトしたいと思ったのか・・・
まずは、金のたまご文学賞の様子からレポートしていきたいと思います。




金のたまご文学賞 受賞者の方々


創作部門受賞者は
木下俊介さん杉山知紗さんのお二人!

作品は
木下さんが『水筒にはおとといの雨』
杉山さんが『少女タチだった』


杉山さんの「少女タチだった」が掲載されているゼミ誌になります!


評論部門受賞者は、加藤澪さん
『死んでなかったカムパネルラ』という題名になっています。
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を題材とした評論で授賞されました。


加藤さんの評論が読めます!


ジャーナリズム部門授賞者は、張俊煕さん
『ストリートチルドレン』という題名で記事を読むことができます。
張さんは世界をかける日芸ジャーナリストです。
日本にいただけでは分からない、世界のジャーナリズムが書かれています。


張さんの記事が読めます!


装丁賞は
窪田ゼミ2と小柳ゼミ2が授賞されました!
窪田ゼミは『SKETCHE』、小柳ゼミは『do.』というタイトルになっています!


窪田ゼミは、なんと二年連続授賞しています!


表彰式として、受賞者の方々には賞状が授与されました。
これが、一枚一枚手作りの愛情溢れる賞状なのです。
金のたまご賞自体がぬくもりがのある賞であることを分かっていただけると思います。


表彰式後は、張俊煕さんによるスピーチが行なわれました。
そして、オンリーフリーペーパーからの一言と題して
装丁賞を受賞した二作品についてのコメントも発表していました。


そして、ついにShousetu No1 スカウトキャラバンに移ります。
こちらは、別の記事で紹介していきますので、ぜひご覧ください!


伊藤
posted by: 日芸マス研 | 金のたまご文学賞 | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:01 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://nuartmasuken.jugem.jp/trackback/497
トラックバック