Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
大学生ブログ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
読後にワンクリック! 日芸マスコミ研究会は、日本ブログ村のランキングに参加しております!! 是非是非、ご協力よろしくお願い申し上げます!
お問い合わせは・・・
nichigeimasuken@gmail.com まで
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 「RKRS」 観劇レポート
    haru_ (07/05)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    伊藤 (02/28)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    wakana (02/22)
  • 文芸学科発!就職セミナー…小川真美さん
    面接の特技 (03/01)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    渕上 (08/31)
  • 『コクリコ坂から』論
    小山 (08/30)
  • 『コクリコ坂から』論
    yamashita (08/30)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    yamashita (08/30)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
ジャンプSQ. 主催「第二回 美大・芸大スカウトキャラバン」が開催されました!
 こんにちは、伊藤です。
本日、江古田校舎 西棟五階 研究室C にて
「第二回 美大・芸大スカウトキャラバン」が開催されました。
ジャンプSQ. 編集者である 林士平さん
今回も日芸まで足を運んでくださいました!
また、スカウトキャラバンに
日芸生であり、ジャンプSQ. で漫画家としてデビューしている
安東汐里さん も遊び来てくれました!
そんなスカウトキャラバンの様子をお伝えしたいと思います。
一番奥が林士平さんです

スカウトキャラバンでは、
今回も林さんがとても丁寧に
一人一人、時間をかけて作品を見てくださいました。

中には、
「ボロクソ言われました」
「ダメでした」
なんて、感想を言ってくれた参加者の方もいましたが
それこそが、大切なことだと思うのです!


きっと、林さんは本気で作品と
向き合ってくださったんだと思います。


そうじゃなかったら、
ただ肯定しかしないと思います。
「うんうん、良いと思うよ」なんて
その作品を軽く流してしまうと思うのです。


突っ込むのは、とても力を使います。
なぜなら、突っ込みを入れるには瞬時に作品を理解し、
どこがどう悪かったのかを導き出さないといけないからです。



作品チェック中


読み込んでくれたからこそ、
作品の弱点や甘さを見抜いてくれたのではないでしょうか?
優しさだけでは、漫画家は育てられないはずです。

しかし、
包み隠さず意見を伝えてくれる優しさが
漫画家を生み出していくのだろうと感じました。


プロの編集者に作品を本気で批評してもらえ、
参加者の方にとっては有意義な時間を過ごせたはずだと思います。



また、今日は漫画家としてデビューしている
日芸の美術学科一年生 安東汐里さん
スカウトキャラバンに来てくれました!

安東さんは 安東潮 というペンネームで
『ジャンプSQ. 19』の最新のvol.03に
「ハートフルヴィランズ」という作品が掲載されています!

絶賛、発売中ですので
ぜひみなさんも読んでもみてください。
私も書店に急ごうと思います。


今回、遊びにきてくれたのは
前回にネームチェックで来てくださった小川さんに会いにきたからだとか。
なんと、小川さんは安東さんの担当編集者でもあるそうですよ。
しかし、仕事の都合で小川さんは本日は来られなかったようです・・・



安東さんは
第83回手塚賞で佳作を受賞して
ジャンプSQ. にその作品が掲載されることになったそうです。


驚くことに、手塚賞には二回目の投稿で佳作を受賞することができたんだとか。
そして、もっと驚くことに
一回目の投稿では最終審査にまで残ったのだと教えていただきました。

一度目の最終審査に残っただけでもすごいことですが、
そこで諦めずにもう一度、同じ賞に投稿する。
そんな前向きな心が素晴らしいと思います。

これから、一読者としても応援していきたいと思います。



日芸生という身近なところに
漫画家として作品を書いている人がいるとは・・・
さすが、日芸としか言えませんね。

実は、自分が知らないだけで、日芸には学生でありつつ
世の中でデビューしている人が他にもいるのかもしれません。


後で、安東さんが教えてくれたのですが、
小川さんへの挨拶もかねて、
本当はスカウトキャラバンを偵察に来たのだと
少し笑いながら言っていました。

このように、
現状だけに満足せず、さらに上を目指し、未来のライバルも調査する。

そんなハングリー精神の旺盛な人こそが、
世の中で活躍することができるのだろうとしみじみと思いました。



今年のジャンプSQ. 主催「美大・芸大スカウトキャラバン」は終わってしまいましたが、
今年は締め切りに間に合わなくて出せなかった・・・
なんて人も諦めないでください!

この「美大・芸大スカウトキャラバン」は
継続していく予定なのだそうです。

今年出せなかった方も、
来年の「第三回 美大・芸大スカウトキャラバン」のために
今から作品を練ってみてはいかがでしょうか?


また、次回も日芸マスコミ研究会が全力で
お知らせしていく所存ですので。


そして、四年生だから来年なんて関係ないとお思いの方もいるのではないでしょうか?
みなさん、関係大有りですよ!

このスカウトキャラバンは、
大学出身のOB・OGも参加することができるのです。

漫画家になりたいと夢を見ている日芸生は
ぜひ、このスカウトキャラバンに参加していただけたらと思います。



直接、現役の編集者の方から意見を伺える貴重なチャンスであり
参加者の中から必ず1人は雑誌掲載を約束されている
こんな大盤振る舞いな企画はそうそうありませんからね!


日芸生から数多くの漫画家が誕生することを楽しみにしています。


伊藤
posted by: 日芸マス研 | 美大・芸大スカウトキャラバン | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:52 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://nuartmasuken.jugem.jp/trackback/484
トラックバック