Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Sponsored links
政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
大学生ブログ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
読後にワンクリック! 日芸マスコミ研究会は、日本ブログ村のランキングに参加しております!! 是非是非、ご協力よろしくお願い申し上げます!
お問い合わせは・・・
nichigeimasuken@gmail.com まで
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 「RKRS」 観劇レポート
    haru_ (07/05)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    伊藤 (02/28)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    wakana (02/22)
  • 文芸学科発!就職セミナー…小川真美さん
    面接の特技 (03/01)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    渕上 (08/31)
  • 『コクリコ坂から』論
    小山 (08/30)
  • 『コクリコ坂から』論
    yamashita (08/30)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    yamashita (08/30)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
エヴァンゲリオン×美少女写真展に行ってきました!
 
こんにちは、伊藤です。

現在、西武池袋本店で開催されているエヴァンゲリオン×美少女写真展に行ってきました。
エヴァンゲリオンといえば、ファンが多数存在する、いまでも根強い人気を誇るアニメですね。

行く前は、今回の美少女写真展はイロもの企画だなぁなんて思っていましたが、
そんな考えが申し訳なくなるくらいに、興味深い写真展でした!

そんな美少女写真展の魅力を少し紹介したいと思います。



エヴァといえば、第三新東京市を舞台とした架空都市を舞台にしている作品です。

もし、この舞台が現実で再現されたら。
もし、この舞台に自分が存在するとしたら。

また、作品を解釈対象として受け止め、
写真という媒体で新しい世界観を提示するといったことが
今回のエヴァンゲリオン×美少女展のコンセプトとされていると思います。



まず、はじめのブースには
エヴァの世界に現実のアイドルたちが存在したら、どんな世界だろうかというように、
作品のモチーフとなった背景とモデルたちとのコラボした写真が楽しめます。

どこか、懐かしい風景に透明感のある、エヴァのヒロインたちのように
凛とした雰囲気を持つ少女たちの写真が多く飾られていました。
二次元と三次元の融合といえるような作品が多かったです。


次のブースには
言ってしまえばエヴァのコスプレ写真ですね。
この作品のヒロインである「レイ」「アスカ」「マリ」のコスチュームに身を包んだ少女たちが
キャラクターを理解し、シチュエーションも綿密に計算された写真が飾られています。

アニメではないからこそ、作品としてはありえないような
レイとアスカの笑顔のツーショットなんかが見られたりします!
もしかしたら、こんな時間があったのかもしれないなんて考えることができる作品もありました。


三つ目のブースには
エヴァに出てくるシーンや敵対キャラとして存在する使徒を
新しい解釈で表現しているアート的な作品が楽しめます。

個人的には、このブースが一番楽しかったです!
エヴァファンには、新しい考え方を体感できますし、
ファンじゃない人でも、面白いと思えるような現実と
非現実の融合が楽しめると思います。

このブースで、トリンドル玲奈さんがモデルの「赤い海」という写真が私のお気に入りの一枚です!
「赤い海」とは海洋生物が生きられない死の海として、
作品の世界観としてもインパクトを与える情景の一つです。

この赤い海をイメージした真っ赤な波打つ布の中で、
トリンドルさんが静かに目を閉じ眠っている写真なのですが、
これが「赤い海」に対するイメージがガラッと変わるほど穏やかな一枚なのです。
そんな新しい解釈が、新鮮でとても印象に残っている作品です。


他にも、エヴァアイテムを使った新しいファッションや、
メイキング映像の上映、各キャラクターとの撮影が楽しめる撮影スポットなんかもあり、
エヴァファンじゃなくても楽しめるような写真展でした。



エヴァのキャラクターが好き! という人には、少し満足できないかもしれませんが……
キャラクターが好きな方は、ぜひ西武池袋のリブロのコミックス売り場に足を運んでみてください。
そちらでは、アニメーション複製原画が展示されています。
おなじみのキャラたちが、どのように描かれているか細かい指定まで見ることができます!



今回紹介しました「エヴァンゲリオン×美少女写真展」ですが、
エヴァファンはもちろん、写真が好き、美少女が好きなんて人にもオススメです!
この写真展は期間が短く、東京会場は8月6日までしか開催されていません……
もし、興味をもたられた方は、お早めに足を運んでみてください。


「エヴァンゲリオン×美少女写真展」


伊藤
posted by: 日芸マス研 | アート&エンターテイメント | 01:35 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 01:35 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://nuartmasuken.jugem.jp/trackback/475
トラックバック