Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Sponsored links
政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
大学生ブログ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
読後にワンクリック! 日芸マスコミ研究会は、日本ブログ村のランキングに参加しております!! 是非是非、ご協力よろしくお願い申し上げます!
お問い合わせは・・・
nichigeimasuken@gmail.com まで
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 「RKRS」 観劇レポート
    haru_ (07/05)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    伊藤 (02/28)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    wakana (02/22)
  • 文芸学科発!就職セミナー…小川真美さん
    面接の特技 (03/01)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    渕上 (08/31)
  • 『コクリコ坂から』論
    小山 (08/30)
  • 『コクリコ坂から』論
    yamashita (08/30)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    yamashita (08/30)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
文芸学科発!就職セミナー…小川真美さん


伊藤です。

入部してから初めての記事になりますが、どうぞよろしくお願いします。


4月からはもう3年生となり、就職についてそろそろ真剣に向き合わなければならない学年になってきました。

しかし、就職とはなんぞや?といまいちよく分かってなかったり。

そんな悶々と悩んでいた時に、文芸学科主催の就職セミナーが開催されると聞き、お話を聞いてきました。

就職を考えてる方や文芸学科生で就職をしたい人は必見ですよ!



1月23日に行なわれた、

小川真美さん(ベネッセコーポレーション)による日本大学芸術学部文芸学科内の授業内でのゲスト講義記録記事になります。



日本大学芸術学部文芸学科の先輩である小川真実さんが個性を生かす就職に向けてのお話をしてくださいました。



まず、第一弾としてマンガ論の授業内で面接のときのお話をしてくださいました。

小川さんは、ベネッセコーポレーションにお勤めしており、そこでどのように面接を乗りこえ、働くことになったのかについてお話してくださいました。



私がお話の中で印象に残っているのが、面接官に「あなたは肩に桜の花びらがついていたら、どうしますか?」と質問したというお話です。

面接というのは、選考に残ることにより段々と会社の中でも上層部の方にお話を聞いてもらえるようになるそうです。

そして、残れば残るほど履歴書の内容は質問され尽くしている訳ですから、履歴書外のことが聞かれることが増えてくるそうです。


そんなお偉いさんとの面接時、もう面接が終わるというときにお約束のように「なにか質問はありますか?」と聞かれたそうです。

普通なら、会社について質問すると思います。また、心証を良くするために熱意溢れる質問をするかもしれません。

しかし、そのときに小川さんは質問が思い浮かばなかったそうです。

そこで質問したのが「あなたの肩に桜の花びらがついていたら、どうしますか?」だったそうです。


これには、面接官も驚いただろうと思います。

けれど、質問がないからと帰ってしまうよりも、企業に関係ないことでも質問してみることが必要なのだと思います。

小川さんはこの質問を君はどうするんだ?と聞かれ、舐めますと答えたそうで、動作付きで答えを解説してくれました。この返しは、面接官の方も忘れられないだろうなと思います。私は忘れられません……。



また、このときに小川さんは就職を考えた時、学生生活で必要なことはネタ探しだとおっしゃっていました。

たしかに、なにもしていない空っぽな人間では面接で際立つことはできません。

日芸の学生であることは、一つのネタになると教えてくださいました。

履歴書を見て、まず大学のことを突っ込まれることが多かったそうです。

まず、日芸に在学するということで一つは就職におけるネタの強みを持っているので、これを活用して、よりネタ作りを学生のうちに行なうことが必要だと教えてくださいました。




次はリアルな日芸生の就職現状についてお話いただきましたが、一度ここで切らせていただきます。

続きは、また明日の記事で書かせてもらいます。

お楽しみに!




伊藤景


posted by: 日芸マス研 | ゲストによる講義の記録! | 22:20 | comments(1) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:20 | - | - |-
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
| 面接の特技 | 2012/03/01 12:23 PM |









この記事のトラックバックURL
http://nuartmasuken.jugem.jp/trackback/452
トラックバック