Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
大学生ブログ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
読後にワンクリック! 日芸マスコミ研究会は、日本ブログ村のランキングに参加しております!! 是非是非、ご協力よろしくお願い申し上げます!
お問い合わせは・・・
nichigeimasuken@gmail.com まで
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 「RKRS」 観劇レポート
    haru_ (07/05)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    伊藤 (02/28)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    wakana (02/22)
  • 文芸学科発!就職セミナー…小川真美さん
    面接の特技 (03/01)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    渕上 (08/31)
  • 『コクリコ坂から』論
    小山 (08/30)
  • 『コクリコ坂から』論
    yamashita (08/30)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    yamashita (08/30)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
山下聖美著「女脳文学特講」(三省堂)刊行のお知らせ
 

2011夏、刊行。

 

本気で生きる、愛のチカラ。
日本大学芸術学部准教授 山下聖美 著

(JYO)(NOH)文学特講

芙美子・翠・晶子・らいてう・野枝・弥生子・みすゞ



        1,575円  三省堂 
      
 四六判・208ページ  ISBN978-4-385-36565-7


書いた、

闘った、


恋した――。


権威に媚びず、世に流されず、

明治・大正・昭和の激動の時代を、

熱く、ひたむきに、やさしく、おおらかに、

誇り高く 生き抜いた、

日本近代文学史・思想史に名を刻む

7人の女性たち。


100年前の彼女たちに、


会いに行こう。



● 著者プロフィール

山下聖美(やました・きよみ)

文芸研究家。

1972年生まれ。日本女子大学文学部卒業。日本大学大学院芸術学研究課博士後期課程修了。博士(芸術学)。現在、日本大学芸術学部文芸学科准教授。著書に『検証・宮沢賢治論』、『一〇〇年の坊っちゃん』(以上、D文学研究会)、『賢治文学「呪い」の構造』(三修社)、『新書で入門 宮沢賢治のちから』(新潮新書)などがある。





≪つづきは下の「続きを読む」をクリック!≫


さてさて。。

日芸マスコミ研究会顧問・山下聖美准教授による著書、「女脳(jyono)文学特講」が三省堂より刊行されます!

思えば先生は、「江古田文学77号」の特集「林芙美子 没後60年」の担当、日芸図書館のカタログに掲載する林芙美子文献調査などと同時並行しつつの、著書刊行になります。

震災後の前期期間は、怒涛のように過ぎて行ったことが想像に難くないでしょう。。

DSC_0069.JPG
できあがった表紙を手に。担当編集者の石戸谷さんと


そしていま、先生は一昨日の深夜より、海外研修で3か月間東南アジアにいっています。林芙美子が戦時中、ペン部隊として派遣された場所をおひとりで回られるのです…。
(その様子は山下先生のtwitter先生のブログにて、随時確認できます)

「女脳文学特講」(三省堂)は、先に記したとおり、7人の女性をとり扱っています。



気取らず飾らず真っ向勝負、

信じる道を突き進む

林芙美子   

 

 

孤独からつむぎだされた

新感覚の幻想世界

尾崎翠

 

 

恋、闘い、労働、子育て、

すべてを包み込む母性の力

与謝野晶子

 

 

時代の波頭を舞台に、

光り輝く 天性のヒロイン

平塚らいてう 

 

 

野性の勘、炎の情熱、

カオスパワー全開の人生

伊藤野枝

 

 

沈着冷静、ねばり強く拓いた

円熟の境地

野上弥生子 

 

 

見えないものを信じる力

心のうちに秘めた一途な思い

金子みすゞ



…の7人です! すごい女性のオンパレード。なでしこジャパンのワールドカップ優勝に象徴されるように、これからは(も?)女性主役の時代です。元始、女性は太陽であったのです! これはもう、読むしかないでしょう…!


そんな「女脳文学特講」は8月下旬より、全国書店・ネット書店にて、ご購入いただけます。


■お問い合わせ先■

〒101-8371千代田区三崎町2-22-14
三省堂『女脳文学特講』担当 イシドヤ

TEL 03-3230-9411 FAX 03-3230-9547 e-MAIL
ishidoya@sanseido-publ.co.jp



書店に並ぶのは、2011年8月22日(月)予定です。(僕はもう、ジュンク堂池袋本店にて予約しました)

「女脳文学特講」を読んで、この夏を乗り切りましょう!

ではでは。。






会長 藤野

posted by: 日芸マス研 | 日芸生による日芸情報 | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 11:48 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://nuartmasuken.jugem.jp/trackback/415
トラックバック