Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
大学生ブログ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
読後にワンクリック! 日芸マスコミ研究会は、日本ブログ村のランキングに参加しております!! 是非是非、ご協力よろしくお願い申し上げます!
お問い合わせは・・・
nichigeimasuken@gmail.com まで
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 「RKRS」 観劇レポート
    haru_ (07/05)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    伊藤 (02/28)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    wakana (02/22)
  • 文芸学科発!就職セミナー…小川真美さん
    面接の特技 (03/01)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    渕上 (08/31)
  • 『コクリコ坂から』論
    小山 (08/30)
  • 『コクリコ坂から』論
    yamashita (08/30)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    yamashita (08/30)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
江古田文学77号 特集「林芙美子 没後60年」

さてさて。。

久しぶりの更新にして、久しぶりの「江古田文学」情報です。

※ 以前の江古田文学に関する記事はこちらのカテゴリーをご参照ください→ http://nuartmasuken.jugem.jp/?cid=9

2009年発行の江古田文学71号にて「尾崎翠と林芙美子 今甦る、女性作家たち」が特集されたのが記憶に新しいですが、


エキセントリックな表紙が目をひく、江古田文学71号

次回発売の77号にて、またまた林芙美子が特集されます!

「林芙美子 没後60年」です。マス研顧問の山下聖美先生が特集記事の編集を担当されています。

特集の内容は、

● インタビュー放浪記

● 2011年 林芙美子展カタログ

● 学生による浮雲レポート

● 論文掲載

となっています!

≪つづきは下の「続きを読む」をクリック!≫

ただいま鋭意制作中! ということで、あっちこっちかけずり回って(?)おります。

文芸学科教授・清水正先生(『林芙美子と屋久島』が今年4月末に刊行。現在1500枚に及ぶ『浮雲論』執筆中)のブログをご覧になればすべてわかるのですが・・・

清水先生・山下先生・文芸評論家の山崎行太郎先生と4人でゴールデンウィーク中、取材と研究を兼ねて尾道、北九州、鹿児島(桜島)といってまいりました!(これらの様子は、
マス研のツイッターでも、報告していました)

尾道では、

・ 『ゆきゆきて放浪記』等著者の清水英子さんインタビュー
・ 芙美子の岡野軍一の故郷因島めぐり
・ 芙美子の文献を数多く所有する尾道市立図書館や文学記念室見学
・ 「林芙美子没後60年記念イベント」を企画されている喫茶おのみち芙美子の小森夫妻インタビュー

など。

北九州では、

・ 現地に住む文芸学科2年生の川本桃子ちゃんと合流
・ 門司港にある旧門司三井倶楽部内の芙美子の展示を見学
・ 下関に渡り(芙美子は生前自身の出世地を下関の田中町であるとしていた。現在、北九州市門司区の小森江での出生説が有力)磯の香り(?)を満喫
・ 北九州市立文学館の副館長であり、林芙美子全集の編集者である今川英子さんのご案内により、文学館を見学

現地を案内してくれた桃子ちゃんとお別れし、鹿児島では、

・芙美子の母・キクの故郷・桜島にて宿泊。龍神温泉なるものに入る
・芙美子の記念碑の前でお土産屋「ふみこの店」を経営されている、店主の岩元正彦さんインタビュー
・市内にある、この春リニューアルしたばかりのかごしま近代文学館を、館長の丸内浩明さん、学芸員の吉村弥依子さんのご案内で見学

というハードな3泊4日を過ごしました。

5月11日(水)には『林芙美子とボルネオ島−南方従軍と『浮雲』をめぐって』(ヤシの実ブックス)著者の望月雅彦さんを山下聖美先生がインタビューし、貴重なお話が伺えました。6月14日には今川英子さんが大学にいらっしゃり、講義をされる予定です。

少しずつ、何日かかるかわかりませんが、ブログにてこれらの様子をご紹介できたらな〜と思っています!

ではでは。。






副会長 藤野

posted by: 日芸マス研 | 江古田文学 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 00:01 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://nuartmasuken.jugem.jp/trackback/382
トラックバック