Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
大学生ブログ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
読後にワンクリック! 日芸マスコミ研究会は、日本ブログ村のランキングに参加しております!! 是非是非、ご協力よろしくお願い申し上げます!
お問い合わせは・・・
nichigeimasuken@gmail.com まで
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 「RKRS」 観劇レポート
    haru_ (07/05)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    伊藤 (02/28)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    wakana (02/22)
  • 文芸学科発!就職セミナー…小川真美さん
    面接の特技 (03/01)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    渕上 (08/31)
  • 『コクリコ坂から』論
    小山 (08/30)
  • 『コクリコ坂から』論
    yamashita (08/30)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    yamashita (08/30)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
日本近代文学館@駒場公園

さてさて。。

12月4日(土)、調べものをしに駒場東大前駅から徒歩7分のところにある日本近代文学館に行って参りました!



近代日本文学館の外観


近代日本文学館は旧前田侯爵邸あとの駒場公園内にございます。(駒場公園は、区立公園のなかで2番目の広さを誇るそうです)


時期もよく、紅葉が美しくて思わず立ち止まってしまいます。冬とは思えないほどの日よりのなか、優雅で文化的なひとときを過ごして参りました!



文学館前の紅葉


《つづきは下の「続きを読む」をクリック!》

まずは一階の閲覧室へいきます。
※閲覧室利用料金は300円です。

国会図書館などでは貴重な資料を守るため、古い本はマイクロフィルムなどになっているのですが、ここはアナログな感じでとてもよかったです。貴重な現物を直接手に取ることができました。


次に、2階の展示室へ。ここでは通常展示「近代文学の名作 明治」を見ることができます。(期間は来年の4月2日までです)


福沢諭吉の「文明論之概略」や、坪内逍遥の「小説神髄」、尾崎紅葉「金色夜叉」、徳冨蘆花「不如帰」、島崎藤村「春」、森鴎外「文づかひ」、泉鏡花「湯島詣」、長塚節「土」、夏目漱石「吾輩は猫である」などなど。。


明治期の日本文学の名作を、レプリカや初版復刻で見ることができます。原稿の複製などもあり、ここをじっくり見てしまうと数時間かかりそうでした。。

「腹が減っては戦ができぬ!」

最後に、館内の安くておいしい食堂「すみれ」にて腹ごしらえをします。



外に立て看板。なぜか韓国風のメニューが豊富です


僕はスパゲティ・ナポリタン(サラダつき・600円)を注文したのですが、これぞナポリタン! というような王道の感じで、期待どおりの味でした。


店員のかたが気さくに話しかけてくださり、家庭的でアットホームな感じでしたよ。。


このように、ゆったりとした時間のなかで、文化的で充実したひとときをすごされたいかたは、ぜひ日本近代文学館に足を運ばれることをオススメします。


休館日・開館時間などは日本近代文学館のサイト→
http://www.bungakukan.or.jp/


をご参照ください。

ではでは。。

 

 

 

副会長 藤野

posted by: 日芸マス研 | 文学名所めぐり | 03:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 03:03 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://nuartmasuken.jugem.jp/trackback/356
トラックバック