Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
大学生ブログ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
読後にワンクリック! 日芸マスコミ研究会は、日本ブログ村のランキングに参加しております!! 是非是非、ご協力よろしくお願い申し上げます!
お問い合わせは・・・
nichigeimasuken@gmail.com まで
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 「RKRS」 観劇レポート
    haru_ (07/05)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    伊藤 (02/28)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    wakana (02/22)
  • 文芸学科発!就職セミナー…小川真美さん
    面接の特技 (03/01)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    渕上 (08/31)
  • 『コクリコ坂から』論
    小山 (08/30)
  • 『コクリコ坂から』論
    yamashita (08/30)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    yamashita (08/30)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
酉の市前夜祭に突撃!

さてさて。。

11月18日は、新宿・花園神社にて行われている、酉の市の前夜祭に、遅ればせながら生まれて初めていって参りました!


画像-0009.jpg
お参りに参列している様子。携帯電話の画像なので少しわかりにくいかもしれませんが、前夜祭とはいえ、たくさんの人が訪れていました!

※ 花園神社の酉の市は、明治時代に始まる。酉の市は、大鳥神社の祭神である日本武尊が東夷征伐の戦勝祈願をし、帰還の時にお礼参りをしたことにちなみ、日本武尊の命日である11月の酉の日に行われるようになった。商売繁盛の熊手を売る露天商のにぎやかな声は、師走を迎える街に欠かせない風物詩。毎年60万人もの人が訪れる市の日は花園神社名物の見世物小屋を観るチャンスでもある。

《つづきは下の「続きを読む」をクリック!》

新宿に着くと、すでに熊手を持った人々が目だっています。

東口を出て歌舞伎町方面に向かい、靖国通りを右に進むとそこにはたくさんの露店が並んでいました。(なんと、熊手を商う露店だけでも境内に約60店出店し、その他の露店は境内と靖国通り歩道上に約200店も出店するそうです。。)

お祭りモードに早くもうずうずしてくるのを押さえ、鳥居をくぐってまずは参拝です。

花園神社によると、今年僕は本厄に当たるらしいので、「これ以上悪いことが身に起こりませんように・・・」

と説に願います。。

(2010年、僕の身になにがあったかはご想像にお任せいたします・・・)


参拝を終え、振り返ってみるとあらためて人の多さがわかります

その後、開運招福・商売繁盛の熊手を購入すべく、露店を闊歩します。

画像-0014.jpg
露店で売られていた熊手の写真です。画像だけでも、なにかありがたいような気がしてきます。。

活気に圧倒され、あやうく大きい熊手を購入しそうになるのをぐっと押さえ、もっとも小さい、500円のものを購入いたしました。



なぜもっとも小さいものを購入したかというと、

「熊手を購入することに参戦した」

ということは、

「これから毎年少しずつ大きくしていかなけらばならない・・・」

ということになるからだそうなのです。。(企業のかたなど、皆さんかなり大きいものを担いでいたのでびっくりしました)


そして! 酉の市の名物とも言うべき、見世物小屋に潜入します!

蛇を食べる女性が出てきたかと思えば、炎を食べる女性、火を吹く女性などなど。。

話には聞いていましたが、想像以上! でした。

見世物小屋に関しては、日本大学大学院芸術学研究科文芸学専攻前期過程を修了された僕の先輩、猫蔵さんが研究されているので、ブログ
「猫蔵の見世物小屋」をご覧いただければ、より詳しく掲載されていると思います。こちらもよろしくお願いいたします。

見世物小屋は、必見の価値ありです!

そんな花園神社の酉の市は、明日19日が本番です!

ではでは。。






副会長 藤野

posted by: 日芸マス研 | 現場へ突撃! | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://nuartmasuken.jugem.jp/trackback/352
トラックバック