Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
大学生ブログ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
読後にワンクリック! 日芸マスコミ研究会は、日本ブログ村のランキングに参加しております!! 是非是非、ご協力よろしくお願い申し上げます!
お問い合わせは・・・
nichigeimasuken@gmail.com まで
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 「RKRS」 観劇レポート
    haru_ (07/05)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    伊藤 (02/28)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    wakana (02/22)
  • 文芸学科発!就職セミナー…小川真美さん
    面接の特技 (03/01)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    渕上 (08/31)
  • 『コクリコ坂から』論
    小山 (08/30)
  • 『コクリコ坂から』論
    yamashita (08/30)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    yamashita (08/30)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
続:劇団四季「CATS」に感動!
 

前回の記事で藤野がUPしていますが、10月2日(土)に横浜CTASシアターへ行って来ました。

以後の記事は、CATS大好き坂本の一方的な感想となりますのでご注意くださいませ。
 
さて!!
行って来ました。横浜CATSシアター!
横浜って、中華街のイメージが先行し最近足を伸ばすことが少なくなっていたのですが、池袋から一時間とかからずに行けるなんて、まったく知らなかった私です。

一緒に行った藤野は初「CATS」ということもあり、駅で待ち合わせ合流後に「メーモリー♪」と口ずさんでいたのが衝撃でした。
もちろん、劇中歌としてお馴染みなのですが!
私としては、「ジェリクル・ソング」が頭に先ず浮かんでしまうのでなんとなく、不思議な気がしました。(もちろん、メモリーも好きです)

横浜駅から地上に出てそう遠くないところにシアターがあり、軽く会話をしていれば着いてしまい、思っていたよりも近い所にCATSシアターはあります。迷子になるかしらと心配な方は、ご安心を。
地上に出れば、公演を見に歩く人が誰かしらいますから後をついていけば先ず大丈夫でしょう。



シアターに着くと先ず目に飛び込んでくるのが、その真っ黒な外観です。入り口頭上には猫の目があり、黒猫の口の中に入っていくような感じです。
ロビーは、ヨーロッパの劇場のように落ち着いた造りになっています。

そして!
劇場内は藤野の記事にもありますが、「ゴミ捨て場」の中にいきなり放り込まれる感覚です。
しかも、あくまで猫たちの視線で作りこまれているため、自分がとても小さくなってしまったような錯覚に陥ります。

座席は通路側からの二つだったのですが、思わず藤野にチケット丸無視で「通路側が良い!」と言って座り込みました。

そう、お気付きの方もいるかもしれませんが私はCATSを見るのがこれで通算4回目でした。
まあ、友人の一人に、CATS大好きで二桁観にいっている人がいるので、私なんかまだまだ初心者です。
で、4回目の奇跡で回ってきた通路側の席!
藤野に譲るわけがありません。(ごめんね、藤野)


いよいよ開演です。
舞台をよく見ていると猫たちが現れだします。
それからはあっという間にCATSの世界に引き込まれます。

真っ暗な暗転の中、通路に気配が!
ふっと横を見れば目の前に猫の目が!!
ぞわっと背中に何かが走りました。
通路側万歳!と私は心の中で叫びました。

舞台については、藤野が客観的に書いていますので、そちらを参照してください・・・ 

と、なぜ私が書かないかといいますと、特に好きな猫がいまして彼らばかり目で追ってしまっているためかーなーり偏ることになるのでご容赦くださいませ。


ちなみに私が好きな猫、いやもうみんなそれぞれに特徴があって可愛いんですが、特に好きな猫三匹を上げさせていただきます。

Theプレイボーイな猫 ラム・タム・タガー!
私も彼のフェロモンにやられた一人です。
とにかく俺様で、舞台で他の猫が踊っている間雌猫をはべらせて寝転がっていることが多い気が…
とにかく観客に対してのサービスがすごい。
アンコールで投げキッスしたり、ウインクはお手の物!
彼のソロナンバーでは、観客の女性がさらわれます。

鉄道を愛する猫 スキンブルシャンクス!
とにかく可愛い猫。彼のソロナンバーの曲は耳に残ります。
他の猫たちがガラクタを持ってきて作り出す汽車は圧巻。
ちなみに、グッズにスキンブルベアーがあるんです。
そして、通路側の奇跡!
私スキンブルと握手しちゃいました!
握手しちゃったんです!!(大事なことなので二回言います)

そしてグレイト・マジシャン ミストフェリーズ!
基本的にセンターにいる猫。席によっては本当に突然現れて突然消えるように見えるんです。
真っ白な顔が特徴でこの猫もまた可愛い。
でも、彼の魅力はその可愛い外見ではなくて、抜群の身体能力とマジック!!おまけに、「変わったことはしていない」と言い切っちゃうクールな感じがなんとも。
ちなみに、彼のソロナンバーはラム・タム・タガーが一緒に歌うので私はたまりません!!


あぁ、猫一匹ずつについて語りたくなってきたのですが、今回は上記の三匹ばかりを追いかけてしまったので・・・
よし、もう一度観にいきます!!

ミュージカルって苦手かもと思っている人はぜひCATSを!
ロングランの理由はわかりやすい内容だと私は思います。
そして、何度も見たくなるCATSマジック!
予測不能な気まぐれな猫たちに会いに行きましょう!

皆様この秋は
「そうだ、CTASを観にいこう」を合言葉に横浜へ行ってみてはいかがですか?


最後に、ゆーみんさん!
今回チケット本当にありがとうございました。
posted by: 日芸マス研 | 芸術鑑賞レポ | 23:13 | comments(0) | trackbacks(1) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:13 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://nuartmasuken.jugem.jp/trackback/340
トラックバック
2010/10/11 9:19 AM
何気なくネット見ていたら劇団四季の関連する記事を見つけました。私もコレ見て参考にしています。荒川務さんと鈴木ほのかさん[劇団四季]多趣味的電子日記-101007mm01.jpg.劇団四季のホームページで発見しました「マンマ・ミーア!」仙台公演の稽古画像に荒川さんと
劇団四季