Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Sponsored links
政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
大学生ブログ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
読後にワンクリック! 日芸マスコミ研究会は、日本ブログ村のランキングに参加しております!! 是非是非、ご協力よろしくお願い申し上げます!
お問い合わせは・・・
nichigeimasuken@gmail.com まで
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 「RKRS」 観劇レポート
    haru_ (07/05)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    伊藤 (02/28)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    wakana (02/22)
  • 文芸学科発!就職セミナー…小川真美さん
    面接の特技 (03/01)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    渕上 (08/31)
  • 『コクリコ坂から』論
    小山 (08/30)
  • 『コクリコ坂から』論
    yamashita (08/30)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    yamashita (08/30)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
守屋健太郎監督作品「シーサイドモーテル」試写会へ突撃!

先日(5月24日)は、「青山霊園へ墓マイラー」(3月30日記事参照)のときにお知り合いになった、ライターのやきそばかおるさんのご紹介で、「シーサイドモーテル」の試写会に参りました。



会場となった場所は、有楽町マリオンの丸の内ピカデリー2です。


舞台挨拶には、主演の生田斗真さん、麻生久美子さん、山田孝之さん、玉山鉄二さん、成海璃子さん、温水洋一さん、池田鉄洋さん、柄本時生さん、山崎真実さん、そして監督の守屋健太郎さん・・・と、出演者のほとんどのかたがいらしてました。。(そのほかの出演者に、古田新太さん、小島聖さんがいらっしゃいます)


「今宵あなたと萌え萌えフォーリンラブ❤」麻生久美子さん扮するキャンディの決めゼリフ(?)です。。


朝倉陽介(山田孝之さん)は借金まみれのギャンブラーです


喘息持ちの借金取り立て屋・相田敏夫役の玉山鉄二さん


成海璃子さん。猫が❤


伝説の拷問師・ぺぺ。温水洋一さんの新たな一面を垣間見られます。。


女装が似合う! 古田新太さん扮する田舎のスーパーの社長・太田勝俊


石塚達也(池田鉄洋さん)は下心丸見えキャバクラ常連客です


チー坊(柄本時生さん)はどこか憎めないチンピラ見習いです


キャバクラ嬢のマリン。劇中で山田真実さんは、からだのやわらかさを惜しげもなく披露してくださいます


劇中でかなりいい味を出されている、警官役の赤堀雅秋さん(左)とノゾエ征爾さん

《つづきは下の「続きを読む」をクリック!》

映画の主題歌である、シャネルズの『ランナウェイ』のBGMに乗せて会場に登場される出演者のかたがた。惜しみない拍手が贈られます。。


「実はこの試写会、ものすごい倍率だったんですよー」


とおっしゃる、司会のかた。それもそのはず。出演者は、「よくスケジュール抑えたなぁ・・・!」と感心してしまうほど、豪華なメンバーです。あらためて、紹介してくださったやきそばさんに感謝です。


舞台挨拶は、


1.出演者ひとりずつによる挨拶(司会者との質疑応答を含む)


2.「私は〜にダマされた!」というエピソードをそれぞれフリップで発表


3.マスコミによる写真撮影


・・・と、いう流れで進みました。


始終なごやかな雰囲気で進み、出演者のうち3人が「監督にダマされた!(監督は「息抜きのつもりで撮影に臨んで」と言っていたのに・・・)」と発言されたり、出演者の柄本さんが下北沢でアルバイトをしていることを公表されたり、最後、映画の見所を主演の生田さんがひと言キメる場所で「こんなに豪華な役者がそろっていて、おもしろくないわけがない」と言うはずのところを、「こんなに豪華な役者がそろっていておもしろいわけがない」と言い間違えてしまったり・・・笑いの絶えない舞台挨拶でした。。


退場される最中も、惜しみない拍手と声援が送られます。短い時間でしたが、貴重な経験ができました。


さてさて。。


肝心の内容ですが、一言で記すと「山奥のさびれたモーテルにやってきたワケアリ男女11人が繰り広げる、キケン(?)な一夜の物語」です。

「ダマしてる? ダマされてる?」


という映画のキャッチコピーからも分かる通り、“騙し合い”がこの映画のひとつのカギとなっています。登場人物たちはそれぞれ、“ワケあり”でこのモーテルで一夜を過ごすことになります。おのおのの部屋では全く別の物語が、オムニバスに進んでゆきます。


ある部屋では“恋と仕事の騙し合い”が繰り広げられ、またある部屋では“金と命の騙し合い”が繰り広げられます。そのほかにも“マンネリと束縛の騙し合い”、“下心と物欲の騙し合い”など・・・さまざまな“騙し合い”が繰り広げられるのです。。

てんでばらばらのように見える物語は複雑に絡み合い、最後には意外な結末を迎えます。。


展開が早く飽きさせない映像は、必見です!


公開は6月5日(土)からなので、日頃の“騙し合い”に疲れたあなた(?)はぜひ・・・!

詳しくは・・・

http://seaside-motel.net/
(なんと、twetterでもつぶやかれているそうです。。)


守屋監督はこの『シーサイドモーテル』が長編2作目となるそうです。前作の『スクール・デイズ』も観させていただいたのですが、全く違う感じで驚きました・・・!


監督は92年テレビマンユニオンに参加され、ミュージック・クリップ、CM、TVタイトルバックなどの演出でCGと関わる仕事が多いそうです。しかし、今回はあえてそれを封印されたのか、“ちょっと着崩した”感じのCG表現がおもしろかった前作とは異なる雰囲気となっていました。


試写会後、ほんの一瞬ですが、守屋監督と言葉を交わさせていただきました。


言わずもがな、きらきらと輝いていらっしゃいました。

ではでは。。

 

 

 

 


副部長 藤野

posted by: 日芸マス研 | シネマレビュー | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://nuartmasuken.jugem.jp/trackback/301
トラックバック