Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
大学生ブログ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
読後にワンクリック! 日芸マスコミ研究会は、日本ブログ村のランキングに参加しております!! 是非是非、ご協力よろしくお願い申し上げます!
お問い合わせは・・・
nichigeimasuken@gmail.com まで
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 「RKRS」 観劇レポート
    haru_ (07/05)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    伊藤 (02/28)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    wakana (02/22)
  • 文芸学科発!就職セミナー…小川真美さん
    面接の特技 (03/01)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    渕上 (08/31)
  • 『コクリコ坂から』論
    小山 (08/30)
  • 『コクリコ坂から』論
    yamashita (08/30)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    yamashita (08/30)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
「MRC朗読コンサート Vol.6 雪ものがたり2」

先日(1月24日)は、マス研一同で菅原牧子先生の朗読会「MRC朗読コンサート Vol.6 雪ものがたり2」を聴きにいきました!(リハーサルにお邪魔させていただいた記事は、1月16日のものを参照ください。。)


100124_1620~01.jpg
会場となった、神楽坂セッションハウスです。。

会場は超満員! 100人以上もの人が、詰めかけます。


《つづきは下の「続きを読む」をクリック!》

第一幕は、リハでも聴かせていただいた、五十音の練習曲(エチュード)です。


日本語という言葉の不思議さを、上質な笑いとともに学びます。


「五十音の練習曲集」の詩の朗読を聴くのは二度目であるにも関わらず、新たなおもしろさを見いだします。


菅原ゼミ生である、日芸放送学科の学生たちも、頑張っていました!


二幕は、物語の朗読です。“ゆきのまち幻想文学賞”受賞作より


〈菱川さんと猫〉を菅原先生が、


〈雪の反転鏡〉を近藤美矩さんが朗読します。


目で追って文章を読むのとは違う、“耳で物語を聴く”という行為に五感が研ぎすまされます。。


朗読終了後。私がもっともびっくりしたのは、ケーナをはじめとした何種もの「南米」系(「ペルー、ボリビアを中心とするアンデス地域」)の楽器を操る岩川光さんが、まだ21歳だったということ。(リハでお会いしたときは、その落ち着き払った雰囲気に、失礼ながら三十代半ば以上だと思っていたのです。。ごめんなさい・・・!)


年下である、という衝撃の事実に、「自分ももう少し、大人としての自覚を持たなければ・・・!」と反省したのです。
(でも、言われてみると、髭で覆われてはいますが、その下の肌とかは若い感じがいたしました。。)


岩川さんですが、1月27日(水)19時から、港区にある「Casa Classica」という場所で「Buenos Aires Report」というリサイタルで演奏されるそうです! その音色、必聴です!


さてさて。。


先日はその前に、早稲田から神楽坂方面に歩き、「漱石公園」を訪れました。(マス研ツイッターで、ちょこっとつぶやいています)


その様子も、後日掲載いたします!


もちろん、「人生革命」の記事も更新いたしますので、今後もよろしくお願い申しあげます。


ではでは。。

 

 

 

 


副部長 藤野

posted by: 日芸マス研 | 芸術鑑賞レポ | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - |-
南米系ですよね。。
大変失礼いたしました…!
今後ともよろしくお願い申し上げます。
| 副部長・藤野 | 2010/02/04 6:46 PM |
やっとこさ、たどり着きました。
取材お疲れ様でした。
まぁ年齢は記号でしかないから、嘘かもしれないわけでね(笑)、そんなのを気にする必要もないわけですね。
で、さらに言えば、音楽とそんなもんはまた関係ないわけですね。

それはさておき・・・
マスコミ、しばしば間違い多いですが(笑)、わざと嘘を流すことも多いけれども(爆)・・・

「アジア系」ではない。
強いて言えばその出自は「南米」「ペルー、ボリビアを中心とするアンデス地域」でしょう。訂正を。
| 岩川光 | 2010/02/04 6:19 PM |









この記事のトラックバックURL
http://nuartmasuken.jugem.jp/trackback/210
トラックバック