Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
大学生ブログ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
読後にワンクリック! 日芸マスコミ研究会は、日本ブログ村のランキングに参加しております!! 是非是非、ご協力よろしくお願い申し上げます!
お問い合わせは・・・
nichigeimasuken@gmail.com まで
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 「RKRS」 観劇レポート
    haru_ (07/05)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    伊藤 (02/28)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    wakana (02/22)
  • 文芸学科発!就職セミナー…小川真美さん
    面接の特技 (03/01)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    渕上 (08/31)
  • 『コクリコ坂から』論
    小山 (08/30)
  • 『コクリコ坂から』論
    yamashita (08/30)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    yamashita (08/30)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
ニグリノーダ第一回公演「楽園」

本日(11月29日)はニグリノーダ第一回公演「楽園」、夜の部(千秋楽です・・・!)を観に、シアターイワトまでゆきました!


(シアターイワトの過去の記事は、9月12日、及び10月19日の記事をご覧ください)


091129_2137~01.jpg
シアターイワトが発行している小冊子、マガジン「イワト」の最新号です。表紙は、画家の寺門孝之さん画。


CIMG551800010001.jpg
客席から舞台を映したものです。劇場を斜めに使い、空間を大きく使用しているところもアイディアだなあ、と思いました。。


まずはじめに、劇場内に足を踏み入れると、出演者のかたがその場に横になっていました。


一体なんなんだ!? とのっけからやられました。


《続きは下の「続きを読む」をクリック!》


物語は、“ある朝目覚めると、ボクはからっっぽだった”


というところから始まります。はじめはそのシチュエーションをとっつきくく感じたのですが、気がつくとのめり込むように観ていました。


あちこちに仕掛けがあり、予測不可能な展開に、驚きの連続です・・・!


それに加え、ダンスに音楽の生演奏、映像に音響、エトセトラ・・・


第一回目でこんなに盛り込んで大丈夫なの?!


と発想力に乏しい僕には、思えてしまうほど。。


また、不気味に寄り添ってくるような台詞に、“観念のようなもの”を感じました。


知識の乏しい僕には、どこから引用したものである、など細かいところまでは分からなかったのですが、さまざまな哲学も盛り込んであったことだけは勝手に、分かったような気がしています。


そして、さらに驚いたことには!


最後の挨拶で登場された、作・演出の立山ひろみさんがまだまだお若いかたであったということ。


その身にまとう雰囲気から、この舞台が生み出されたとは想像もできないほど。刺激を受けました。


公演後、「シアターイワト」を管理されている、平野公子さんとお話しさせていただきました。曰く、


「この演出家を呼んで座談会とかしてくださいよ」


とのことでした。いいんですか? そんなことおっしゃって、公子さん!?


と、この場を借りてお伺いしたくなるほど、斬新な演出によだれを垂らしながら鑑賞いたしました。


次回公演が楽しみです!


さてさて。。


本日はその前に、日芸マス研技術指導の新井信先生が選考委員を務めている、「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」の記念トークセッション「一枚の写真が社会を変える〜フォトジャーナリズムの現在〜」を聞きに、早稲田大学小野記念講堂に潜入いたしました・・・!


こちらの様子も後日、更新いたします。


もちろん、そのほかの記事もアップいたします。決して忘れてはしないです。ご安心を。。


・・・と、誰が心配してくださっているのか分かりませんが(自分が一番心配していますが)、断りを入れておきます。念のため。


ではでは。。

 

 

 

 


副部長 藤野

posted by: 日芸マス研 | 芸術鑑賞レポ | 21:55 | comments(3) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:55 | - | - |-
ありがとうございます。
お会いできるの楽しみにしております。

立山ひろみ
| tateyama hiromi | 2010/05/24 1:26 AM |
ニグリノーダ 立山様

コメントくださって
ありがとうございます…!
日芸マスコミ研究会の藤野です。

11月5日―7日ですね。
了解いたしました。
恥ずかしながら、RAFTについて
存じ上げなかったのですが、
「文化・芸術を多くの人たちと
一緒につくり、育ていきたい」
という活動内容に共感いたしました。

日芸マスコミ研究会も
医療福祉×アートの取り組みとして、
福祉施設でのオープニングセレモニーなどに
関わったりしはじめています。

今後ともよろしくお願いいたします。

藤野
| 藤野 | 2010/05/17 5:06 PM |
藤野さま

はじめまして
ニグリノーダ立山です。

『楽園』観に来て頂きまして、
本当にありがとうございます。

たまたま、じぶんとこのHPを見ようと思って
「ニグリノーダ」で検索したところ
こちらにお邪魔しましたーー。

『楽園』が終了してから、しばらく
大変忙しかったので、浦島太郎的な感じですが、
次回作の準備も着々とやっております。
今度は11月5日−7日RAFTさんの企画で、
「こどものための演劇」に初挑戦です。
お時間がありましたら、ぜひ。

ってコレは藤野さんに届くのでしょうか?
すごい遅いコメントでずびません。

立山でした。
| tateyama hiromi | 2010/05/17 3:24 AM |









この記事のトラックバックURL
http://nuartmasuken.jugem.jp/trackback/164
トラックバック