Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Sponsored links
政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
大学生ブログ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
読後にワンクリック! 日芸マスコミ研究会は、日本ブログ村のランキングに参加しております!! 是非是非、ご協力よろしくお願い申し上げます!
お問い合わせは・・・
nichigeimasuken@gmail.com まで
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 「RKRS」 観劇レポート
    haru_ (07/05)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    伊藤 (02/28)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    wakana (02/22)
  • 文芸学科発!就職セミナー…小川真美さん
    面接の特技 (03/01)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    渕上 (08/31)
  • 『コクリコ坂から』論
    小山 (08/30)
  • 『コクリコ坂から』論
    yamashita (08/30)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    yamashita (08/30)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
高校生直木賞審査員の井上優子さんにきく!!

 ごきげんよう!井ノ森です。

今回はなんと今を輝く女子高生にインタビューをして参りました!


(写真:井上優子さん 高校二年生)

取材に応じてくれたのは、明治学園高等学校2年生の井上優子ちゃんです。
ぴちぴちのJKです。
今年度の文芸春秋主催の「高校生直木賞」に審査員として選ばれた経歴を持つ、
優子ちゃんにお話を伺いました。

ー今回高校生直木賞の審査員として選ばれたそうですが、
      なぜ審査員に応募してみようと思ったのですか。


 母が週刊誌に載っていた「高校生直木賞」の広告を見つけて、進めてくれたのがきっかけです。
 応募要項に”3人以上の高校生グループであること”とあったので友人に声をかけて
 それから学校の先生に相談をして、その後に校長先生ともお話をして…。
 決定したのはいいものの、選考会までの準備が大変でした
 本が送られてくるんですけど、それを読んで自分たちのグループのなかで一番いい本を選ぶんです。
 それからグループの代表1名が実際に地方から集まってきて、賞を決めるんですけど、
 もう圧倒的な準備不足で反省しました


ー本はいつごろから好きなんですか。またどのくらいの量を読んでますか。

 昔は児童文学のものしか読んでこなかったんですけど、
 のめり込んだのは、小5くらいのときです。
 宮部みゆきの『ブレイブストーリー』を勧められて
 なんだこの分厚くって、大人の香りのする本は…!と思いました。
 本は週に大体2冊は読みますね。本当は1日に2冊読みたいんですけど(笑)

ー最近のお薦めの本はありますか。

 宮部みゆきさんの『木暮写真館』がとてもよかったです。
 読みやすい文章の中にある引っかかる部分…そういう感情知ってるな
 みたいな部分が沢山あって、もっと読みたいと思いながら読了しました。
 あと私は、森見登美彦さんです!誰が何と言おうと!
『有頂天家族 二代目の帰朝』は迷わずハードカバーで買いました。
 面白く生きることを信とする狸が主人公です。肩の力が抜ける阿呆さの
 一方で、無性に泣かされました。

ー今の出版業界のこと、文学界のことをどう思いますか。

 難しいことは分かりませんが、身の回りの人を見て思うのは、本読みが少ないのが悲しいです。
 こんなに楽しい本が沢山あるのに!
 でも、本屋さんをふらついていると、これは本である必要があるのか?
 という疑問を持つことは時々あります。漫画やアニメを無理やり本にして
 いるような本を読むと、何か違うといいたくなります。
 出版業界が不況な昨今ですが、だからといって読者に媚を売るような本は
 あくまで読者目線ですが、バカにしないでっ…!と言いたくなります。

ー優子ちゃんにとって文学とは。

 薬です。例えば『博士の愛した数式(小川洋子)』。
 読むと、心がしゃんとまっすぐになります。
 記号の羅列が意味をなして、世界を作り、人まで動かしてしまうなんて
 すごいことだなあと。文字だけって、とても極端な表現だな、と。
 だからこそ読み手に委ねられる部分が多くて、
 一人一人に全く違う効力をもたらしてしまう。
 …なんか陳腐なことしか言えないです(笑)

ー今回の経験はどんな影響があったのでしょうか。

 高校生直木賞選考に参加して、つくづく読書量が足りない、と思いました。
 それだけじゃなくて、表現力も語彙力も何かも足りない、と思い知らされました。
 もっと読書経験を積んで、自分の糧にできたらなあ、と。
 将来も、やはり本に関わっていたいので、日々精進していきたいです。

※高校生直木賞選考委員の高校生達の作文は『オール讀物7月号(文芸春秋)』に
 掲載されているそうなので、ぜひお手に取ってみてください。


取材 井ノ森

 

 
 
 

posted by: 日芸マス研 | 未来をつくるホープにきく! | 14:13 | - | - |-
大戸屋接客部門全国1位獲得 生貝さん(日芸生)にきく!
JUGEMテーマ:日記・一般

ごきげんよう!3年生になりました井ノ森です!
今回はなんとあの和食チェーン店で有名な大戸屋の第10回社内コンテストで
全国1位を獲ったわれらが日藝文芸学科4年生の生貝先輩を取材させていただきました!

  
(写真:左 店長 真ん中 生貝さん 右 社長 ホスピエンジェル部門表彰式)


☆ここで大まかなコンテストの内容を…☆

一年に一度開催され、以下の三つの部門で競い合う
・店舗部門(お店の総合評価)
接客部門(個人戦)←生貝さんが獲ったのはコレ
・キッチン部門(個人戦)
基準としてはQSC(クオリティ・サービス・クリンネス)が根本にある


―今回は全国1位を獲ったということですが、どういった経緯でこの賞に応募されたんでしょうか。
  去年はチーム選で全国3位を獲ったんです。個人戦では店舗から一人しか選ばれなくて
  その時は先輩が出たのね。それ見て来年は絶対出場したいって考えていて…
  運よく店長に選ばれたときは、嬉しくて頑張ろうって思ったんだけど
  店長からは「優勝できるとは思ってない、(生貝さんに)いろんな経験
  をして欲しくて選んだ」
  と言われて、何を目指せばいいのかがよく分からくなっちゃって(笑)

―あらら…(笑)じゃあどんな思いでこの大会に臨んだのですか。
  このままじゃ、優勝してもしなくても「ありがとうございました」も
  言えないなって気づいたからかな。
  だからきちんと向き合って、できること全部やってから
  心からの感謝を言えるくらい頑張ろうとも思って準備を始めました。

―なるほど。ではこの賞のためにどのような準備をされたのですか。
  まず、自分の出来ないところを見つけるために
  紙に足りない部分を書き出していったの
  周りの人からもアドバイスをもらったりして…それで一番できてなかったのは姿勢。
  姿勢綺麗にするためにコルセットまでつけたよ(笑)

―予選と決勝ではどうような点に気をつけたのでしょうか。
  予選の前日にシュミレーションしてもらったんだけど、緊張しすぎて今までのことが
  全部飛んじゃって、できなさすぎて泣いちゃった。
  でも気付いたことがあって、この準備の2ヶ月間に私の目的が
  いい経験をしようっていうことから
  いつのまにか優勝を狙うことだけに
  すり替わってたの。
  だから、自分は優勝だけじゃなくて
  まずは楽しむ学ぶためにやるんだって目標を再確認できた。
  予選進んで、決勝を目前にして店舗の仲間とかもみんなで勉強会とか
  アドバイスとか色々してくれた。
  チーム戦じゃなくて個人戦なのになんでここまでやってくれるんだろうって感謝した。
  (予選は集められた人が一つの店舗で接客をし、
   決勝戦は自分の店舗での普段の接客を見られる)

  今までは自分が頑張るんだって思ってたのがみんなで頑張ろうって
  
思い直せたかな。
  当日もお互いミスをフォローしあって、そこを審査員の人は見てくれたんだと思う。

―優勝と分かったときどんな気持ちでしたか。
 「ついに来たか…」という感じ(笑)
  ちょっと恥ずかしいけどもし優勝したらこんなこと言おう、とかあんなこと言おうとか
  考えてた。けど逆にイメージしすぎて、正しい驚きのリアクションができなかった!
  足ガックガクだし声も震えるし、小鹿みたいだったって言われた(笑)
  社長とか部長とかにも褒めてもらえたしすごく嬉しかったよ。
  しかも、その日(4月16日)は私の誕生日だったの!
  賞状に自分の誕生日が入ってるの!

―本当にもうドラマみたいですね。(二人で笑う)
 今回のコンテスト、そして優勝は生貝さんにとってどういうものになりましたか。

  優勝したんだから人としても、営業面でも変わらなきゃって焦ってた。
  後輩育てなきゃとか、ちゃんとやんなきゃとか不安になって、 
  仲間の欠点を探してしまっていてそれでまた
悩んで。
  でも、こんなことやってたらせっかくもらった優勝を曇らせちゃうって思って
  私がやるべきは後輩の悪いところ探しじゃなくて、
  仕事の楽しさとかを伝えることだって考えたの。
  優勝して終わりじゃなくて、
  優勝してどういう風にそれを
 活かすかだと思った。
 これからだな、と。

  このコンテストやバイトを通じて、
  論理的に考えることとか、結果を出して他人に認められてこそ努力だ、とか
  学べたし、成長する楽しさを知った。それは就活にも活かせてると思う。
 
  
(写真:生貝恵美さん 日本芸術学部文芸学科4年生)

マス研でも度々登場していただいている貝ちゃん先輩はいつもニコニコしてしていて
とてもかわいらしい方なのですが、お話を伺うときはとても真剣に質問に答えてくださって
普段の貝ちゃん先輩とは違った一面を見せていただきました。
普段は卒論や就職活動でお忙しい中、時間を作っていただいてありがとうございました!
このたびは本当におめでとうございます!!

取材:井ノ森

posted by: 日芸マス研 | 未来をつくるホープにきく! | 14:06 | - | - |-