Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Sponsored links
政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
大学生ブログ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
読後にワンクリック! 日芸マスコミ研究会は、日本ブログ村のランキングに参加しております!! 是非是非、ご協力よろしくお願い申し上げます!
お問い合わせは・・・
nichigeimasuken@gmail.com まで
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 「RKRS」 観劇レポート
    haru_ (07/05)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    伊藤 (02/28)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    wakana (02/22)
  • 文芸学科発!就職セミナー…小川真美さん
    面接の特技 (03/01)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    渕上 (08/31)
  • 『コクリコ坂から』論
    小山 (08/30)
  • 『コクリコ坂から』論
    yamashita (08/30)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    yamashita (08/30)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
第10回「金のたまご文学賞」授賞式 &スカウトキャラバン開催!

こんにちは、伊藤です。

今年も日芸のお祭りである芸祭が3日(祝)・4日(土)・5日(日)と開催されますね。

今年のテーマは「秘密基地」ということで、ドキドキワクワクするような催しがたくさんあるようです。

 

その中でも、特に注目していただきたいのが「第10回 金のたまご文学賞」の授賞式イベント!

平成28年度の全ゼミ雑誌の中から、学生によって選ばれた優秀な作品に贈られる賞が「金のたまご文学賞」です。

創作部門、研究・評論部門、新人賞、読者賞の四部門にカテゴライズされています。

 

2008年から開催されている「金のたまご文学賞」も、ついに10回目!

今回も、授賞式と同時開催でスカウトキャラバンが行なわれます。

今年のスカウトキャラバンに参加していただくスカウトマンは豪華ゲストばかり!

どんな方がいらっしゃるのか、ご紹介していきます!

 

 

これからは武田さん

(ワタナベエンターテインメント、構成作家)

 

白川貴浩さん

(NHK出版、編集者)

 

小野綾子さん

(小学館第4コミック局コミックス企画室、編集長)

 

坂本綾乃さん

(平安堂、書店員)

 

中澤友作さん

(ドワンゴ、センクションマネージャー)

 

 

様々な業界の方々に参加していただくスカウトキャラバン!

スカウトしたい!と思うような学生をスカウトマンには、実際にスカウトしていただきます。

誰がスカウトされるのか、当日のイベントを楽しみにお待ちいただけたらと思います。

 

 

「金のたまご文学賞」の授賞式&スカウトキャラバンは、

 

開催日:2017年11月3日(金・祝)

開催時間:16:00〜

開催場所:江古田校舎中庭ステージ

 

にて開催されます!

ぜひ、文芸学科生のデビューへの第一歩を見に来ていただけたらと思います!

 

 

伊藤

posted by: 日芸マス研 | 金のたまご文学賞 | 13:42 | - | - |-
金たま賞だよ!
みなさんご無沙汰しております。

さて、
明日から日芸芸祭がはじまりますね〜

と、いうことは.....
そうです!お待ちかねの
金たま賞授賞式の時期がやって参りました!!
お待たせしました!!!

ご存知ない方のために説明すると
金たま賞とは
正式名称、金のたまご文学賞。
文芸学科の全学生が各ゼミごとに作品を発表する
ゼミ誌の中から
選考委員が各ジャンルごとに
「これはおもしろい!」という作品に授与される賞なのです。

そして、今年度の受賞作はこちら↓↓↓

おめでとうございます!!!!!!!

そして今年も芸祭では
金たま賞授賞式だけでなく
金たま賞最終選考に残った作品の中から
プロの編集者の方々や教授方に
スカウトしたい作品を選んで頂く
スカウトキャラバンも行われます!!
最終選考に残った作品はこちら↓↓↓

誰が選ばれるのでしょうか...


今年はスタッフ、受賞作の気合いが
かなり入っていますので
皆さまにも楽しんで頂けると信じています!!!

そんな金たま賞授賞式と
スカウトキャラバンは
11月5日11時10分から中庭ステージにて
行われます!!

在校生やって卒業生はもちろん
文芸学科に興味のある受験生の方々も
日芸の雰囲気を味わう素敵な機会だとおもいますので
みなさま
ぜひお越し下さい!!!!!!
posted by: 日芸マス研 | 金のたまご文学賞 | 17:39 | - | - |-
金のたまご賞!!
独創的なアピールのあといよいよ札が上がります!
続きを読む >>
posted by: 日芸マス研 | 金のたまご文学賞 | 11:07 | - | - |-
金のたまご賞!!
13人の文芸生が自己アピール中です!!
続きを読む >>
posted by: 日芸マス研 | 金のたまご文学賞 | 11:03 | - | - |-
金のたまご賞!!

金のたまご賞、スカウトキャラバン中です!

な、なんとあのホラー漫画家、日野日出志先生がいらっしゃってます!!
続きを読む >>
posted by: 日芸マス研 | 金のたまご文学賞 | 10:51 | - | - |-
金のたまご賞授賞式スカウトキャラバン開催!
こんにちは、伊藤です。
ついに日曜日から芸祭が始まりますね。
今年も様々なイベントが目白押しとなっています。




その中でも、本日は「文芸学科 金のたまご賞授賞式 スカウトキャラバン」のご紹介をしていきます。
金のたまご賞とは、近年毎年開催されているゼミ雑誌のナンバーワン作品を決める特別な賞です。
さらに、今年も金のたまご授賞式でスカウトキャラバンが同時に開催されます!
今年も豪華ゲストばかりのスカウトキャラバンになっておりますので、ぜひ多くの方に参加していただけたらと思います。
さらに、今年は特別スカウトマンとして実存ホラー漫画家の日野日出志先生をお招きして、このイベントに参加していただくことになっています!

金のたまご授賞式またスカウトキャラバンの詳細をお伝えさせていただきます。

「文芸学科 金のたまご授賞式 スカウトキャラバン」
日時:11月1日(日)、午前10時30分から
場所:江古田校舎中庭ステージ



文芸学科生がデビューの第一歩を踏み出す姿をを見守っていただければと思います。
日芸の芸祭は他にもたくさんの面白い企画を行なっていますので、ぜひ遊びに来ていただけたらと思います!


伊藤
posted by: 日芸マス研 | 金のたまご文学賞 | 14:18 | - | - |-
日芸から小説家デビューも夢じゃない!(芸祭・2日目)
 こんにちは、伊藤です。

それでは、さきほどの記事に引き続き、
Shousetsu No1 スカウトキャラバンについての
レポートを書いていきたいと思います!

金のたまご文学賞を創作部門で授賞された木下さんと杉山さんには
引き続きスカウトキャラバンにも参加していただきました。


新たに、
笹島杏奈さん『秋と花火と紅葉のはがき』




坂斉杏奈さん『生成』

なんと、金のたまご文学賞の木下さんの作品もこちらのゼミ誌で読めます!




佐藤諒翼さん『アンジー・アンジー』

計5作品がノミネートされました!
学生自慢の作品が、編集者の方の目にはどう写るのか。
プロと学生の視線の違いも聞くことができて、とても面白かったです。


まず、この5作品の中から
編集者の方々がShousetsu No1 に推薦する作品を決めていただきました。



続きを読む >>
posted by: 日芸マス研 | 金のたまご文学賞 | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) |-
日芸、金のたまごを発見!(芸祭・2日目)
 こんにちは、伊藤です。

今日は金のたまご文学賞授賞式Shousetu No1 スカウトキャラバン
14時から中庭ステージで開催されました!
ついに、金のたまご文学賞も第5回目となりました。


金のたまご文学賞 中庭ステージ


去年の金のたまご文学賞授賞式もマス研では取材しています。
こちらの記事もご覧になってみてください。

第4回金のたまご文学賞 発表!!


今年は初めての中庭ステージということもあり、
主催の金のたまご文学賞を盛り上げる会のみなさんは大変そうでした・・・


お手製の看板で誘導していました


また、今回は授賞式だけではなく
前にもご紹介したように、大手出版社のプロの編集者の方々が
学生の作品をスカウトしてくださいました!


左・小川将司氏  真ん中・校條剛氏 右・須藤寿恵氏


参加してくださった編集者の方々です!
詳しくご紹介させていただきます。

写真左手の小川将司氏は、徳間書店の出版局企画開発室に所属。

写真中央の校條剛氏は、電子雑誌「アレ!」編集長。
校條氏は、日芸でもジャーナリズム論をオムニバス形式で担当してくだっており
とても日芸と関係の深い編集者の一人です。

写真右手の須藤寿恵氏は、講談社文芸図書第一出版に所属。


豪華編集者のみなさまが、誰をスカウトしたいと思ったのか・・・
まずは、金のたまご文学賞の様子からレポートしていきたいと思います。



続きを読む >>
posted by: 日芸マス研 | 金のたまご文学賞 | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) |-
第4回金のたまご文学賞 発表!
そして、日芸祭1日目最大の目玉イベントは金のたまご文学賞授賞式です。





創作部門で受賞した、マス研の会計でもある高橋由衣さん



同じく創作部門で受賞した松本慎平さん


評論部門で受賞した飯野由布子さん



ジャーナリズム部門で受賞した松岡可奈さんとゼミを担当されている大和田守先生


受賞したみなさん

このほか、窪田ゼミ兇痢峽ε弔了┿錙廚社会人審査枠特別賞を受賞しました。

受賞者のみなさん、おめでとうございます。

■創作部門
『目蓋の夢』 高橋由衣 (「かなぶん」清水ゼミ掘
『すききらい』 松本慎平 (「佐藤さん家の冷蔵庫」佐藤ゼミ供

■評論部門
『ゴーシュの抱える心身症』 飯野由布子 (「宮沢賢治研究 特集セロ弾きのゴーシュ」文芸研究実習機

■ジャーナリズム部門
『FREE TIBET』 松岡可奈 (「PRY/PLY」大和田ゼミ供

■社会人審査枠特別賞
『窪田の雑誌』 窪田ゼミ

これらのゼミ誌は所沢校舎の文芸棟、江古田校舎の文芸ラウンジにて配布されております。
ぜひご覧になってみてください。

来年の金のたまご賞は誰の作品になるのでしょうか。
私も賞をとれるような素晴らしい作品を書けるよう精進していこうと思います。

それでは。

新入部員 鈴木
posted by: 日芸マス研 | 金のたまご文学賞 | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) |-
第3回 金のたまご文学賞 授賞式

こんにちは、高橋です。
遅くなりましたが、先にお知らせした「第3回 金のたまご文学賞授賞式」での、受賞者の方々と受賞作品を改めて発表いたします。


■創作部門
  『香港ノワール』 榎本亜紀 (「香色」夫馬ゼミ掘
  『ウザギと亀』 坂本拓朗 (「文芸研究7」山下ゼミ供

■評論部門
  『谷崎潤一郎『悪魔』論 覗きの楽園』 浦野香澄
  (「文芸論艸 第二号」文芸研究実習供

■ジャーナル部門
  『Japanese Colorful Data』 盒競璽澂

■社会人審査枠特別賞
  『介護日記』 國府田智 (「江古田文芸40」村上ゼミ掘
  『捕虜と富士』 大澤未希子 (「ボーダーシャツファンクラブ」中村ゼミ機


当日は、今までにないほどの大勢の人が集まる中、イサカタケルさんとシガユキノさんの司会によって授賞式が始められました。
日芸落語研究会で鍛え上げられた溌溂とした声が、文芸ラウンジに響き渡ります。


創作部門の榎本さんから順に、表彰状と記念品の授与が行われました。


また、今回は、社会人特別審査員として審査にご協力くださった文芸学科助手の佐藤千恵さんの娘さん、もここちゃんに、メダルと特別記念品の授与をお願いしました。
聞くところによると、この授賞式で一番注目を集めていたのは、もここちゃんだったとか。

今年度も、各ゼミ、実習授業で、雑誌作成の佳境を迎えています。
来年の「金のたまご」は、どんな顔ぶれとなるのでしょう。


また、惜しくも受賞は逃しましたが、以下の方々の作品が最終候補に残りました。

●創作部門(総作品数474)
  『空春』 山田愛美 (「砂糖づけ」佐藤ゼミ供
  『宮本武蔵、恋をする。あとついでにラップもする。』 飯島哲也
  (「日本吟行所沢支店 参号店」浅沼ゼミ供
  『ある死神のモノローグ』 林建葉 (「Voyager 第一号」文芸創作実習掘
  『箱庭ホームレス』 相澤直人 (「MASAO BLEND」山本ゼミ掘
  『自分史』 岡本加奈子 (「MASAO BLEND」山本ゼミ掘
  『或る仕事』 小沼夢 (「おでん」上田ゼミ掘
  『星の王子さま』 神田泰佑 (「脳内スライドショウ」小柳ゼミ)
  『日暮し』 砂山紗矢佳 (「南柯夢」尾高ゼミ掘

●評論部門(総作品数108)
  『〔論文〕谷崎潤一郎「幇間」支配する者、される者−逆転の瞬間−』 飯野由布子
  (「文芸論艸 第二号」文芸研究実習供
  『「よだかの星」を読む』 馬場智子 (「宮沢賢治研究」文芸研究実習機
  『蛇と私の密接な関係』 前田菜摘 (「おでん」上田ゼミ掘
  『ゼミ俳句句評「時間と記憶」』 坂本拓朗
  (「日本吟行所沢支店 参号店」浅沼ゼミ供
  『不思議な男マルメラードフ』 市野瀬久美
  (「ドストエフスキー研究 No.21」清水ゼミ機
  『ロリコン漫画論序説』 北條寛之 (「P.P.」小柳ゼミ供

●ジャーナリズム部門(総作品数11)
  『まんがのある食卓へようこそ』 (「文芸人」ジャーナリズム実習供
  『舞台を作り上げる』 河西杏子 (「P.P.」小柳ゼミ供

受賞作品と合わせて、こちらの方もぜひご覧ください。

高橋

posted by: 日芸マス研 | 金のたまご文学賞 | 13:28 | comments(3) | trackbacks(0) |-