Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Sponsored links
政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
大学生ブログ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
読後にワンクリック! 日芸マスコミ研究会は、日本ブログ村のランキングに参加しております!! 是非是非、ご協力よろしくお願い申し上げます!
お問い合わせは・・・
nichigeimasuken@gmail.com まで
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 「RKRS」 観劇レポート
    haru_ (07/05)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    伊藤 (02/28)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    wakana (02/22)
  • 文芸学科発!就職セミナー…小川真美さん
    面接の特技 (03/01)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    渕上 (08/31)
  • 『コクリコ坂から』論
    小山 (08/30)
  • 『コクリコ坂から』論
    yamashita (08/30)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    yamashita (08/30)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
関根ひかり×岩崎純一 トーク・イベントに行ってきました!

こんにちは、伊藤です。

春になり、日芸にも新入生が入学してきたりと新しい一年がはじまりますね。

私は、日曜日に関根ひかりさんと岩崎純一さんのトーク・イベントを聞きに行ってきました。

岩崎さんは、日芸でも何度かゲスト講義をしてくださったり、日芸マス研でも取材をさせていただいたりと日芸とつながりのある方です。

 

 

 

 

今回のトーク・イベントは関根ひかりさんの個展内でのイベントとして開催されました。

関根ひかりさんは、文字を造形に取り込む作品など言葉をテーマに取り扱った作品の展示を行なっていました。

私たちは4月9日の第3回目のトーク・イベント「自然言語の法則、人工言語の挑戦」を聞きました。

 

 

 

 

岩崎さんは自身で「岩崎式日本語」を制作された人物でもあります。

「岩崎式日本語」とは、精神疾患者や言語障害者といった大多数の日本人が使用する日本語では自分の気持ちを伝えることが難しい方などが、自分の気持ちを伝えることができるように既成のルールにはとらわれない新たな人工言語としての日本語をさします。

トーク・イベントの中でも、「岩崎式日本語」に触れて精神疾患者とされる方々の主語の捉え方についてお話しされていて、とても興味深いものでした。

精神的に傷ついたことのある人たちは、自分という存在(主語・主体)を他者であったり、他の物体に飛ばすことによって傷つくことから逃避する傾向にあるそうです。

そのため、「私が扉をひらく」という文章も「私で扉がひらく」といったように、答えることが多いと教えていただきました。

そういった方々のために「岩崎式日本語」は制作され、日本語という言語を否定することなく、新たな人工言語として日本語を利用したより自由度の高い言語として様々な方に必要とされているのです。

関根さんは、この「岩崎式日本語」の研究も行なっており、今回の関根さんと岩崎さんのトーク・イベントも開催されたようです。

 

第3回では、「自然言語の法則、人工言語の挑戦」ということで自然言語(母語とされるもの)を地理的(政治的、軍事的)距離と血縁的(生物学的)距離、心理的(社会的)距離の三つに分類して、自然言語で自分(主体)がどれだけの人と会話やつながりを得ることができるのかについてお話ししていただきました。

地理的(政治的、軍事的)距離では、血縁ではない人々と地理的にどこまでならば同一の自然言語が伝わるのかといったことについて触れられており、大陸レベルまで変わってしまうと伝わることがありませんが、その国や地域が植民地であったりした場合には、言語統制ということで政治的には例外的に同一の自然言語が伝わる可能性もあると岩崎さんは考えているようでした。

血縁的(生物学的)距離では、親子や親戚は同じ自然言語で交流を持っていることについて触れており、民族間まで自然言語の同一範囲は広げることができますが、人種や動物としての種が変わると伝わることがないとのことでした。

私は、特に心理的(社会的)距離についての自然言語の分析が面白かったです。

心理的(社会的)距離では、仲の良い友人やビジネスパートナーといった交流が深い人や身近な人ほど、母語が異なっていてもお互いの共通言語によってコミュニケーションをとることができます。

しかし、同国内や同民族内の赤の他人やケンカした友人、または犯罪の加害者といった人々と主体である自分は同じ自然言語でなければ関係が成立しないのです。

親しい友人のように、コミュニケーションをとるために言語として努力が必要な関係は、同一の母語でなくてもいいのです。

しかし、心理的距離の離れた人間ほど、同一の自然言語をお互いに有していなければ関わることすらもないのだと分析されており、心理的距離が遠いほど同じ自然言語を使用していることに対して驚きを感じました。


普段、当たり前のように使っている母語も分析してみると、様々な関係性の上で成り立っているコミニュケーション方法なのだと知ることができました。

既に、成立し、無意識に使用されている言語ほど、分析してみると様々な要素から使用範囲も決まっているのだと分かり、改めて言葉の面白さを感じました。


「岩崎式日本語」は、日本語を元とした人工言語ですが、日本語のもつ要素では気持ちを伝えられない人たちにとって、新たな母語として存在していくのではないかと思いました。

イベント内で関根さんのおっしゃっていた「その人にとってのことばが、そういった形であっただけ」といったようなコメントに、とても納得しました。

伝えたい気持ちを日本語の細かなルールに縛られて伝えられないよりも、自分にあった言語で自分の伝えたいことを言葉にすることができればいいのであって、正解や不正解なんてものは存在しないのだとかんがえることができました。



伊藤

posted by: 日芸マス研 | アート&エンターテイメント | 11:46 | - | - |-
おかしな二人
こんにちは!サザエです(*゚-゚)

先日、課題の為にテアトルエコー主催のおかしな二人(女性版)を
恵比寿エコー劇場で観劇してきました!!



原作はあの有名な喜劇作家、ニールサイモン!

学生時代からの友達、女6人が繰り広げる
恋と友情に揺れるストーリーがものすごいテンポで進んでいき、
かなり笑えたり、とおもしろかったです!!!

女子は共感して、男子は圧倒されること間違いなしです!

それにしても、女子ってなんで正反対の性格の子と友達でいられるんですかね〜。永遠の謎ですね...

25日までやっています。(当日券もあるみたいです。)
ちょっとでも気になったら調べてみてください(^^)
posted by: 日芸マス研 | アート&エンターテイメント | 10:20 | comments(0) | - |-
「ねこ」展ふたたび



こんにちは
せいたかのっぽです
連日あっちこっちに行き過ぎて
あれ、私いま夏休みだよね?
と一瞬疑ってしまいます
皆さんはどんな毎日をお過ごしでしょうか

今日はゼミの用事が終わったあと
岩合光昭さんの「ねこ」展に
行って参りました





これは私が新潟に帰ったときにやっていた
写真展と同じものです
しかし、ちょうど知り合いの写真家さんに
紹介してもらい行く機会を得たので
これは行くしかない!と思い行った次第です


続きを読む >>
posted by: 日芸マス研 | アート&エンターテイメント | 22:39 | comments(0) | - |-
2013年は寺山修司没後30年
 
こんばんは。鈴木です。
最近はすっかり春めき始め、来月から新学年が始まるのだなぁと実感しています。


さて、みなさん寺山修司はご存知でしょうか。
彼は、演劇実験室「天井桟敷」の主宰ということで有名ですが、舞台だけでなく、俳句、短歌、詩、そして映画など多岐に亘ってその才能を発揮しました。
今年は寺山修司没後三十年という節目の年で、彼に関連した舞台や展覧会、映画祭などが行われます。
その中のいくつかを紹介したいと思います。


【舞台】
「レミング〜世界の涯までつれてって〜」
作・寺山修司
演出・松本雄吉(維新派)
出演・八島智人、片桐仁、常盤貴子、松重豊、他
会場・パルコ劇場
期間・4月21日〜5月16日

【映画祭】
「寺山修司・映像詩展」
会場・シネクイント
期間・4月13日〜19日
タイムテーブルはコチラ

【展覧会】
「帰ってきた寺山修司」
会場・世田谷文学館
期間・2月2日〜3月31日

「寺山修司と日本のアヴァンギャルド1960-1970年代を中心に」
会場・Bunkamura Gallery
期間・3月27日〜4月7日

「寺山修司と天井桟敷◎全ポスター展」
会場・ポスターハリスギャラリー
期間・4月10日〜5月19日



私もこれらのイベントに足を運ぶつもりで、今からわくわくとしています。
みなさんも寺山修司の世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。
きっと病み付きになるはずです。

それでは。


鈴木
posted by: 日芸マス研 | アート&エンターテイメント | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) |-
SFF2012 2011年度小柳ゼミ兇離璽濟錣コンテスト一次審査通過!
 
こんばんは。
新入部員でなくなりそうな鈴木です。


皆さんはSFF2012というイベントをご存知ですか?
SFFとはStudent Freepaper Forumの略で、学生フリーペーパーコンテスト、交流会、講演会などが開催されている、フリーペーパーの制作者や、フリーペーパーが好きな学生のためのイベントです。今年で開催七回目です。

コンテストへのエントリーは全115作品。その中から一次審査を通過した作品はたったの20作品です。日芸からもいくつかの団体が学生フリーペーパーコンテストにエントリーしていますが、その中から2011年度小柳ゼミ兇離璽濟錙do.]が一次審査を通過しました。


11月30日(つまり今日!)まで二次審査として一般web投票も行っています。


SFF2012自体は、2012年12月26日(水)にラフォーレミュージアム六本木で行われます。当日は学生フリーペーパーコンテストにエントリーした全ての団体のフリーペーパーが無料配布されてます。全ての参加団体の一覧はこちら
フリーペーパーに少しでも興味があるという方はぜひ足を運んでみてください。
当日入場にはチケットが必要なのでご注意を。

詳しくは、SFF2012のサイトをご覧になってください。


それでは。

鈴木


posted by: 日芸マス研 | アート&エンターテイメント | 00:43 | comments(0) | trackbacks(0) |-
江戸東京たてもの園のライトアップに行ってきました!
 こんにちは、伊藤です。

11月25日(日)に
江戸東京たてもの園の「紅葉とたてもののライトアップ」に行ってきました!

普段ならば冬は4時30分までの開園時間になっていますが、
「紅葉とたてもののライトアップ」開催の23日、24日、25日の
3日間は夜間特別開園として8時まで開園していました。


子宝湯
続きを読む >>
posted by: 日芸マス研 | アート&エンターテイメント | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) |-
復活!石ノ森萬画館に行ってきました!
 こんにちは、伊藤です。

11月17日、石ノ森章太郎の作品を集めた
石ノ森萬画館が、ついにRe オープンとなりました!
私も、一人の石ノ森章太郎ファンとして、現地へと駆けつけました。




私は一度、オープン前の9月16日にも
石ノ森萬画館を訪れました。


9月16日 津波の跡が生々しく残る石巻

そのときは、萬画館は工事中で、フェンスに覆われ
外には来館者への感謝の言葉と
萬画館復帰に向けての作業状況が書かれたボードが
展示されていました。


工事中


そんな、秋に復活すると噂でしか聞いていなかった
石ノ森萬画館が1年8ヶ月の時を経て、ついに復活したのです!


続きを読む >>
posted by: 日芸マス研 | アート&エンターテイメント | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |-
城市郎文庫展−出版検閲と発禁本に行ってきました
 
こんにちは。新入部員の鈴木です。
7月21日に、明治大学の中央図書館で開催されていた
城市郎文庫展−出版検閲と発禁本」に行ってきました。

城市郎さんは、十代の頃から発禁本及び希少本の蒐集を始めておられ、発禁本蒐集家として有名な方です。城さんが集めた貴重な書物は約7000点にもおよびます。
そしてこの貴重なコレクションが2011年に明治大学へ寄贈され、その一部が展示されていました。

発禁本というといわゆるエログロなものを想像されるかと思いますが、それだけではありません。戦前の治安維持法により、安寧秩序を乱すもの、つまり政治的な内容を含む書物も発禁処分されたのです。
有名なところでは小林多喜二の「蟹工船」や細井和喜藏の「女工哀史」。
「共産党宣言」や「プロレタリア文学」、「五・一五テロ事件秘史」などが安寧禁止として発禁処分されていたことからは、当時の言論弾圧が垣間見えるような気がします。

風俗を乱すとして発禁処分になったものは、江戸川乱歩の「蜘蛛男」、ボオドレエルの「悪の華」、悪徳の栄え事件で有名なマルキ・ド・サドの「悪徳の栄え」などが展示されていました。

驚いたのは、萩原朔太郎や尾崎紅葉、林芙美子、田山花袋など、文学史に出てくるなじみ深い作家の作品もいくつか発禁処分になっていたことでした。

発禁本というのは、不思議な魅力を持っています。隠されると見たくなるのは人間の性なのでしょうか。また、安寧禁止で発禁処分になった本を見ることは、歴史の教科書でしか知らなかった言論統制を、過去にあった「現実」として感じることができます。


城市郎さんは発禁本についての書籍を多数出版しています。
少しでも発禁本について興味を持った方は氏の本を読んで、その世界に触れてみてはいかがでしょうか。



新入部員 鈴木

posted by: 日芸マス研 | アート&エンターテイメント | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) |-
エヴァンゲリオン×美少女写真展に行ってきました!
 
こんにちは、伊藤です。

現在、西武池袋本店で開催されているエヴァンゲリオン×美少女写真展に行ってきました。
エヴァンゲリオンといえば、ファンが多数存在する、いまでも根強い人気を誇るアニメですね。

行く前は、今回の美少女写真展はイロもの企画だなぁなんて思っていましたが、
そんな考えが申し訳なくなるくらいに、興味深い写真展でした!

そんな美少女写真展の魅力を少し紹介したいと思います。



続きを読む >>
posted by: 日芸マス研 | アート&エンターテイメント | 01:35 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ラーメンズ片桐仁さんの個展に行ってきました
 
こんにちは。
新入部員の鈴木です。

少し前になりますが、3月2日に渋谷のポスターハリスギャラリーで開かれた片桐仁さんの個展、「ジンディー・ジョーンズ 感涙の秘宝展」に行ってきました。




片桐仁さんは、小林賢太郎さんと共にラーメンズというお笑いコンビで活躍する一方、雑誌の連載で様々な粘土作品を発表しています。


片桐さんの作品に共通していることは、身近にあるものに粘土を付けて作品を作っているということです。
体重計、ドライヤー、携帯、名刺ケースなど。
見慣れた物がすべて片桐さんの色に染まっています。

《つづきは下の「続きを読む」をクリック!》
続きを読む >>
posted by: 日芸マス研 | アート&エンターテイメント | 00:20 | comments(1) | trackbacks(1) |-