Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Sponsored links
政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
大学生ブログ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
読後にワンクリック! 日芸マスコミ研究会は、日本ブログ村のランキングに参加しております!! 是非是非、ご協力よろしくお願い申し上げます!
お問い合わせは・・・
nichigeimasuken@gmail.com まで
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 「RKRS」 観劇レポート
    haru_ (07/05)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    伊藤 (02/28)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    wakana (02/22)
  • 文芸学科発!就職セミナー…小川真美さん
    面接の特技 (03/01)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    渕上 (08/31)
  • 『コクリコ坂から』論
    小山 (08/30)
  • 『コクリコ坂から』論
    yamashita (08/30)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    yamashita (08/30)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
1日江古田体験

みなさん、初めまして!鈴木です。
11月24日に江古田校舎の授業を体験してきたので「1日江古田体験」と題し、その模様をお伝えしたいと思います。

私は日本大学芸術学部の1年生です。基本的に1年生と2年生は江古田校舎ではなく所沢にある校舎での授業を受けるので、江古田での授業は初めてでした。
知り合いの先輩方からは江古田校舎での授業は面白い授業が多いと聞いていたので、今回江古田での授業を体験できるということでワクワクしながら江古田に向かいました。

まずは2限目の授業の「文芸研究実習掘廚砲邪魔させていたただきました。
テーマはモラルについて話し合いました。
最初は授業中でのモラルについて話し合っていましたが、少し話が逸れて電車内でのモラルの話になりました。みなさん日頃から電車を利用していることからか電車のモラルについてかなり白熱しました。
「文芸研究実習掘廚呂箸討睿辰靴笋垢た佑燭舛多く、モラルについて時間が足りなく感じるほど話し合うことができました。

次に3限目の授業は「文芸研究掘廚砲邪魔させていただきました。いわゆるゼミというものになります。
今回のゼミ?では国際近現代文学会 第1回研究発表会「文化と芸術の新たなる視点」が開催されました。
発表者は3人で初めは院生の人の「ジュンと文学作品」でした。石森章太郎さんについて詳しく調べられていました。石森章太郎さんの作品は何回か読んだことがありましたが、海外の作品が好きだったり1日1冊は本を読んでいた読書家だったことなど新しく知ったことがたくさんありました。石森章太郎さんについて興味が湧きました。
次も院生さんの発表で「妖怪と人間〜闇の持つ力〜」でした。最近では妖怪はキャラクターとして馴染まれていますが、本来の恐れられている妖怪について調べられていました。妖怪は日本人にしか馴染みのないものですが、これから世界に発信していきたいとのことで興味深い研究でした。
最後はドイツの大学から日芸にきている留学生の発表でした。「パフォーマンスと芸術」という美術関しての発表でした。ドイツの大学について教えていただいたり、作品をたくさん見せてもらえました。日本語もお上手な方で発表もわかりやすく、また交流できる機会があるということで楽しみです。

最後に受けた授業は「ジャーナリズム論」です。今回はノンフィクションライターの小野一光さんの講義でした。
小野一光さんは国際紛争、殺人事件、風俗などを中心として取材しているフリーライターでおられます。今回は殺人事件に関してのお話がメインでした。
殺人事件を起こす犯人は凶悪な人だと思っていましたが、案外普通の雰囲気の人が多いと説明を受け驚きました。
その他にも殺人事件に関して新しい知識が増えました。テレビや雑誌を読むだけでは知ることの出来ないことでした。


今回、江古田校舎の授業を受けてみて興味深い授業ばかりで、早く3年生になりたいと感じました。
江古田の授業を受ければ新しく興味の湧いてくることがあるかもしれません。
posted by: 日芸マス研 | 日芸生による日芸情報 | 16:40 | - | - |-
写真家 熊谷元一展

こんにちは。
本日、6月2日から日芸アートギャラリーにて16日まで

写真家 熊谷元一展

が開催されます!!

熊谷元一さんは、約60年前に
長野県の小学校にて
担任教師をしながら
写真家として活躍された方です。

そんな熊谷さんは
教室にいる1年生の日常をたくさん撮影しました。

そして、熊谷先生は
当時、教師の聖域だった
黒板を休み時間に生徒に開放したのです。



今回の展示会では
その時、小学生が描いた芸術性溢れる黒板絵もたくさん展示されています。


そして、それらの黒板絵が
収録された



こちらの本も、
只今絶賛発売中です!

どうぞ、展示会に足を運んで
今とは変わらぬ可愛い子供達が
素直に楽しんでいる姿をご覧ください!
posted by: 日芸マス研 | 日芸生による日芸情報 | 10:34 | - | - |-
ゼミ合宿!
サザエです!
土曜日〜日曜日まで文芸学科1年山下ゼミで
ゼミ合宿に行ってきました!!!
軽井沢です!

日大の宿舎で一緒になった理工学部の方々と卓球したり


ゼミのメンバーで話したり、
軽井沢の紅葉を楽しんだりしました!


文芸学科では、各ゼミごとに合宿があるのですが
ゼミのメンバーで旅行に行くなんて新鮮で
とっても楽しかったです!!!

それでは、また!
posted by: 日芸マス研 | 日芸生による日芸情報 | 19:29 | - | - |-
図書館の展示ボランティアに行きました!!
お久しぶりです
一年の横山です

なんと明日(9/22)から後期日程です。
長い夏休みを終え、再び日芸ライフが始まります〜。
単位を落として、勉強に熱が入っている方もいるかもしれないですね(笑)
そんな方にオススメの「図書館」。本に囲まれ、ゆったりとした雰囲気を味わえます。
もちろん、勉強も捗りますよ!

そんな所沢校舎の図書館へ入ると、見慣れない光景が!


なんと!現在、図書館では展示を行っています。
「寺臼」さんの展示です。展示のパネルは文芸学科の先輩方が作ったそうです!凄い!

ちなみに、自分は今回の展示をお手伝いするボランティアをさせていただきました。

(同じボランティアで、一つ上の先輩と記念撮影)
大学の図書館でのボランティアは、なかなかできない体験です。貴重な体験をさせていただけるのも、大学生の魅力ですね。
図書館と言えど、多くの人の尽力があってこそ、成り立っています。そのことを改めて強く実感しました。これを機に、さまざまなボランティアに参加していきたいですね!

というわけで、図書館の展示についての記事でした。
ぜひ一度でも、足を運んでみてはいかかでしょうか?
posted by: 日芸マス研 | 日芸生による日芸情報 | 23:31 | comments(0) | - |-
卒論との付き合い方
こんばんは。
後輩たちがこまめにブログの更新をしているのでついついのんびりとしてしまっていた鈴木です。
お久しぶりです。

ついこの間日芸に入学したと思っていた私も、とうとう四年生になってしまいました。
となると目前に立ちはだかるのは「卒論」という壁です。この壁を越えなければ卒業が出来ません。

ひとまず文芸学科というくくりの中に入っている私たちですが、取り組んでいることは各々違います。
小説や詩、短歌を書く人もいれば、マンガを描く人もいる、編集に精を出している人もいます。
そんな多種多様な私たちに、卒論・卒制は(比較的)柔軟にフィットしてくれます。

卒論・卒制の形式は3つあります。
1.創作
大多数の人がこの区分を選ぶイメージがあります。
小説、詩、短歌、俳句、マンガ、エッセイ、シナリオがここに含まれます。
平成25年度の卒業生の中には、落語を創作した方もおり、その方は芸術学部長賞を受賞されています!

2.創作+副論文
この区分では、広告作品や絵本も創作物として認められています。

3.論文、評論
作家研究から、社会学的な考察まで、個人の興味のあるテーマで書かせてもらえます。
昨年度だと、腐女子や女装家、アイドル、自分の家系についてなどなど。
本当に様々なテーマの卒論がありました。


私は3つ目の区分、論文を書こうと思っています。
何か参考になるページはないかと思い、googleで「日芸 文芸 卒論」と検索すると卒論の話がヒットして、時の流れを感じました。
あっという間の大学生活!

私のゼミの先生曰く、「卒論や卒制の出来でそいつの卒業後のことは大体分かる」とのこと。
悔いの残らないよう、そして卒業後も良く楽しく生きていけるよう、一年じっくりと卒論に取り組んでいきたいと思います。


鈴木


 
posted by: 日芸マス研 | 日芸生による日芸情報 | 19:30 | comments(0) | - |-
緑が似合う所沢校舎


こんにちは
せいたかのっぽです
ここ数日、人差し指の付け根がずっと痛いので
腱鞘炎にでもなったのかと疑っています

25日までが履修登録期間でしたが
皆さん忘れずに登録しましたか?
私はその最中に4単位だと思っていた授業が2単位だと判明し
しばらく固まっておりました
ちゃんと確認しとかないとだめですね





今日も用事があって所沢校舎に行ったのですが
このピンクとグリーンのグラデーションに
思わず歩みが止まってしまいました

こちらの校舎は江古田に比べて緑を感じますよね
行きやすさという問題を考えなければ
素晴らしい環境の中にいるなあと思えて
数年後には統合されてしまうのが少し残念な気もします
それは私が田舎っこだからでしょうか

江古田校舎と所沢校舎
みなさんはどちらが好きですか?

せいたかのっぽ
 
posted by: 日芸マス研 | 日芸生による日芸情報 | 23:55 | comments(0) | - |-
机出しもあとわずか


こんにちは
せいたかのっぽです

ただいま所沢校舎では机出しを行っています



久しぶりの所沢校舎がとても懐かしく感じました
しかも、まだ桜が咲いているなんて



寒いのが残念でしたが
机出しに来てくれた1年生とも
たくさんお話できて素敵な時間を送れました

そんな机出しも残すところ、あと1日
今年の新入生はあまり部会に入る傾向にないのか
多くの団体が苦戦しているようですが
最後の1日まで諦めずに勧誘しましょう!
そして、新入生の皆さんは入りそびれることのないよう
悩むくらいなら入ってみる!くらいの気持ちで
飛び込んでみるのもいいかもしれませんよ

せいたかのっぽ

 
posted by: 日芸マス研 | 日芸生による日芸情報 | 22:48 | comments(0) | - |-
運命のゼミ選択!


こんにちは
せいたかのっぽです

今日はゼミ希望カードを提出する日でしたね
二、三年のみなさんはいかがでしたでしょうか
ツイッターなどですでに抽選するゼミなど
いろいろな情報が流れていたりして
私のツイッターのTLもいつもより荒れに荒れている印象です

そりゃあ、みなさん気になりますよね
特に三年生のみなさんは、ニ年間と共にし、
卒論をそのゼミで書かなければなりません
抽選になって頭を抱える人や、
落ちた人が流れてこないか戦々恐々の人など
さまざまだとは思いますが
最終的に決まったメンバーと先生のもとで
無事に卒業までたどり着きたいですね

最後に、私がゼミ希望カードを書いていた時に
部屋から見えた朝日の写真を二枚ほど





カーテンがオレンジ色に染まる景色が
予想以上に美しくて思わず撮ってしまいました
実際に目で見たほうが写真より
何倍も美しかったのですが……残念です

せいたかのっぽ

 
posted by: 日芸マス研 | 日芸生による日芸情報 | 23:32 | comments(0) | - |-
桜とともに新入生も江古田校舎へ


こんにちは
せいたかのっぽです

桜もついこの間満開だと思っていたら
もう今日にはだいぶ散り始めていて
少し寂しくなりました





でも、こんな風に風に舞った桜の花びらが
傘にはりついているのを見たときは
儚くもありながらとても美しく感じました

桜の季節になるたびに
日本人で良かったな、と思いますね


そして、新入生も江古田校舎でのガイダンスを終えまして
本格的に新年度が始まろうとしていますね





こちらは新入生ガイダンスの風景です
上田先生のこれぞ日芸?な挨拶に
ときどき笑い声があがりました
みなさん、本当に留年しちゃだめですからね!

この日は午前中に全体のガイダンスもあったせいか
スーツ姿の学生が多くおり
どうしよう、場違いだ、どうしよう
とこちらがあたふたしておりました


次の日には文芸新歓も行われました!
中の人が文実としてあたふたしていたため
写真がないのが残念なのですが
予想以上の新入生が来て下さり
用意した教室がぎゅうぎゅうになるほど

サークル紹介やクイズ大会なども行い大いに盛り上がりました
同じゼミメンバーや、先輩たちとも
たくさん話せたのではないでしょうか

参加してくださった新入生のみなさん
本当にありがとうございました!


せいたかのっぽ





 
posted by: 日芸マス研 | 日芸生による日芸情報 | 00:41 | comments(0) | - |-
としマップ計画2013


こんにちは
せいたかのっぽです

もはや存在を忘れている方もいらっしゃるのではないでしょうか
ちゃんと生きていますよ!

そんな今日は演劇学科の
熊谷保宏先生が
やってらっしゃるプロジェクトをご紹介したいと思います
その名も
「としまっぷ計画」2013 !!
豊島区立の劇場として「まちをしる・みる・あるく・かんじてみる」をテーマに
劇場と地域がお互いの理解を深めるためのプログラムです

その中の企画として近日開催するのが
インプロバイザーズ・スタジオと日本大学芸術学部生による
駒込限定コミュニティ・インプロ

台本のない演劇会 です!

1月26日(日) 。隠瓜〜 ■隠柑〜 
場所 ベーカリーカフェあうる

観劇無料/ワンドリンク制

台本なし!打ち合わせなし!
何が起こるかそのときになるまでわからない!
どんな物語が生まれるのか
ぜひ自分の目で確かめてみてはいかがでしょうか
詳細はこちらから↓

http://j.mp/1fqvB8z

続いて、2つ目の企画がこちら



このコスプレ企画です!!
コスプレをしたことあるっていう人は多いのではないでしょうか
私のことかと思ったあなた!
ぜひとも講師をやってみませんか?
画像に載り切らなかった詳細はこちら↓
http://frankens.net/?p=962

ご応募をお待ちしております

私も参加する予定なのでレポートをお楽しみに!

せいたかのっぽ

 
posted by: 日芸マス研 | 日芸生による日芸情報 | 21:44 | comments(0) | - |-