Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Sponsored links
政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
大学生ブログ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
読後にワンクリック! 日芸マスコミ研究会は、日本ブログ村のランキングに参加しております!! 是非是非、ご協力よろしくお願い申し上げます!
お問い合わせは・・・
nichigeimasuken@gmail.com まで
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 「RKRS」 観劇レポート
    haru_ (07/05)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    伊藤 (02/28)
  • 編集研究…新井敏記さんに聞く「自分の雑誌」
    wakana (02/22)
  • 文芸学科発!就職セミナー…小川真美さん
    面接の特技 (03/01)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    藤野 (09/08)
  • 江古田文学77号【特集】「林芙美子 没後60年」校了間近!
    渕上 (08/31)
  • 『コクリコ坂から』論
    小山 (08/30)
  • 『コクリコ坂から』論
    yamashita (08/30)
  • 江古田文学77号「特集 林芙美子」&山下聖美准教授著「女脳文学特講」発売!!
    yamashita (08/30)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
理工学部の方々との交流会
みなさん、こんにちは!鈴木です



2月17日、日本大学芸術学部江古田キャンパスにて、日本大学理工学部生の方々と交流会が開催されました!
今回来てくださった方々は「Library Associate」という図書館ボランティアサークルに所属する理工学部生です。
日本大学として同じ大学に通ってはいるものの、学部間の交流は滅多にありません。
ということで今回は学部間の壁をなくしていきたいということで交流会が開かれました。


交流会が始まる前には理工学部生の方々は江古田校舎の図書室を見学されていました。
江古田校舎の図書室について、置いてある本が理工学部の図書室とは違い色々な種類の書籍があり羨ましい。自分たちの図書室は専門書が多いとおっしゃっていました。私も江古田の図書室は色々な種類の本があり、読みたい本が必ず見つかる素晴らしい図書室だと思います。

そして日芸生も集まり交流会が開かれました。
最初の1時間ぐらいは、学部の違いなどの話で盛り上がりました。
そのあと両学部生が混じって、3班に分かれ「理想の図書館」について意見を出し合い、最後にみんなの前でプレゼンテーションをしました。
くつろげるスペースを作る、図書館に植物を増やして読書で疲れた目を癒す、返却日をメールで知らせてくれる等、たくさんの意見が出てきました。
みんなが思う理想の図書館は、それぞれの不満や要望があって面白かったです。
最後に日大理工学部のみなさんと交流させていただいて、図書館について今まで以上に興味が沸きました。図書館は色んな人が色んな目的で利用していることが分かりました。
日大理工学部の方々と交流できてたくさんの刺激を受けました!また交流させていただきたいです!

 
 
日大理工学部さんは今まで図書館を使った企画を行ってきたそうで、その企画について日芸とコラボする話が水面下で行われています!お楽しみに!




posted by: 日芸マス研 | マス研勉強会&マス研情報 | 00:13 | - | - |-
優クリ就活ナビさん!
先程のインタビューのお相手である“優クリ就活ナビ”について詳しく紹介しますね!
優クリ就活ナビはクリエイティブ専門の就活支援サイトです。
サイトで求人情報を検索するだけでなく、ESの添削、少人数でのセミナーなどのサポートをしてくれ、
取引先は中小企業がメインなので会社の採用担当者とも距離が近く、
面接の際など、会社のHPではわからないリアルな情報や的確なアドバイスをしてくれるそう!
掲載登録している会社はもちろん厳選された優良企業ばかり。
しかも!学生一人ひとりに合った会社を専門のコンサルタントが紹介してくれるから内定率も高い!!
なんと!万全のサポート体制なのですね!
1月からは毎週木曜日に就活勉強会も開かれるそうなので
気になる方は是非
“優クリ就活ナビ”(www.crenavi.jp)で検索!

サザエ
posted by: 日芸マス研 | マス研勉強会&マス研情報 | 19:54 | - | - |-
初取材!!!

こんにちは!
先日、マス研に初の取材依頼が舞い込んできました!
お相手は、“優クリ就活ナビ”の清水さん。
せっかくなので、マス研からも取材させて頂きました。
彼女は6月からクリエイティブ専門の就活支援サイト「優クリ就活ナビ」を運営している優クリエイトでインターンをしている活発そうな女性。

(右の女性!)

就活前の学生なら気になるインターンについて、真っ最中の彼女に詳しく聞いてきました!
ずばり、インターンのメリットは何と言っても、一足先に社会を知って体験出来ること!初めは挨拶の仕方、。名刺交換の作法などから、しっかり教えてもらい、週一の出勤で時間の使い方も学べてメリットだらけ!
そして、それらの実践として、まずは優クリエイトの取引先である会社の社長さんにインタビューに。
会社を動かしている社長さんの考えを学生に知って欲しいという思いだったそう。

いま、彼女は学生に対し、優クリ就活ナビの認知度を高めるため、そして彼らのクリエイティブな活動をさまざまな人に知ってもらうために私達のような発信型のサークルなどに取材をし(インタビュー記事は優クリ就活ナビのHPで!)、更に学生とのコラボ企画まで進行中らしいですよ!

私達もいつかコラボしたいですねー。
他にも取材OKな団体を探し中なので、興味のあるサークルなどはマス研か優クリ就活ナビさんに御一報を!
私達の質問に丁寧に分かり易く答えて下さった清水さん、
本当にありがとうございました!
posted by: 日芸マス研 | マス研勉強会&マス研情報 | 19:50 | - | - |-
マス研顔合わせ。
 

こんにちは。
一年の鈴木です。

7月12日に、マス研始まって以来初(?)の顔合わせがありました。

場所は江古田の山下先生の研究室。






山下先生は色々なお仕事が重なりお忙しそうなご様子。
研究室も様々な書類があふれています。
(「いつもはもっと綺麗なんだよー」と山下先生。)

会長の藤野さん、部長の小山さん、会計の高橋さんがいらっしゃいました。
今までのマス研の活動の中心となっていた方々に初めて会うことになるので
緊張しながら研究室に向かった私をゆるーく温かく受け入れてくださいました。

マス研の今後の活動を話し合い、顧問顧問の清水先生の指導もあり、
ブログの定期更新曜日が振り分けられました。
わたしは新入部員というのもあり、火水木のうち二回が担当です。
(機会をうまく活用できるよう頑張るのでこれからも見守ってください。)

そのあと、清水先生、山下先生とマス研メンバーでお食事に。
「マス研にはそれぞれ役職名がある」
と山下先生。私は『新入部員』という役職名(?)をいただきました。
沢山お話ができて、「ああ、マス研に飛び込んでよかったなぁ」と実感した日でした。

これからもマス研をよろしくお願いします。 



新入部員 鈴木
posted by: 日芸マス研 | マス研勉強会&マス研情報 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |-
日芸マスコミ研究会勉強会ジャーナリズムの歴史 第四回
 

日芸マスコミ研究会勉強会
「日芸ジャーナリズムの歴史」

第四回講師は高橋幸治先生。


高橋幸治(たかはし こうじ)
1968年生。日本大学芸術学部文芸学科卒業後、91年、電通に入社。CM プランナー/コピーライターとして活動したのち、95年、アスキーに入社。2001年から2007年まで、Mac とクリエイティブカルチャーをテーマとした異色のPC 誌「MACPOWER」編集長。2008年、独立。クリエイティブ・エージェンシー「Yes, I am. 」を設立。Web、携帯、スマートフォンなどのデジタル領域を中心に、次世代の「編集」=「メディアデザイン」を提唱・展開している。


日本大学芸術学部文芸学科で実際にiPhone のアプリケーションを作成するなど、
デジタルメディアによるコミュニケーションを考察するゼミを展開されている。

最先端のテクノロジーを肌でつかんでいる高橋先生。

今話題になっている電子書籍や電子出版と紙媒体の関係。
実際に高橋先生が開発に関わっているアプリケーション、コンテンツを例にして、
これからの編集者に必要なスキル、持っておくべき考え方とは何か、そして日本が世界に発信できる文化とは何か、ご自身の学生時代のお話も合わせて語って頂いた。
続きを読む >>
posted by: 日芸マス研 | マス研勉強会&マス研情報 | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0) |-
日芸マス研勉強会 日芸ジャーナリズムの歴史 第三回「真実を伝える」
「シリーズ・日芸ジャーナリズムの歴史 第三回」は、講師に工藤隆雄先生をお招きしての勉強会です。


6月14日、工藤隆雄先生に、冤罪事件を中心に、真実と真剣に向き合うこと、そしてそれを伝えることの大切さをお話いただきました。
当日は、「布川事件 桜井昌司さん杉山卓男さんを守る会」の橋本さんも参加していただきました。

 
工藤隆雄(くどうたかお)
日本大学芸術学部文芸学科講師
1953年生。日本大学芸術学部文芸学科卒。出版社勤務を経てフリーライター、カメラマンとして新聞、雑誌に執筆する。
子供向け小説から海外取材記事、ノンフィクションまで様々なな文芸記事を書き、盲導犬サーブ記念文学賞大賞を始め、毎日児童小説優秀作品賞、読売ヒューマンドキュメンタリー奨励賞を受賞している。
著書に長編ノンフィクション「北八ヶ岳 花守記」、写真集「平成富嶽百景」(東京新聞出版社)、「富士を見る山歩き」(小学館)他多数。
社団法人日本文藝家協会会員。
続きを読む >>
posted by: 日芸マス研 | マス研勉強会&マス研情報 | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) |-
日芸マスコミ研究会勉強会 シリーズ・日芸ジャーナリズムの歴史 第2回 大和田守×村上玄一

6月17日、日芸マスコミ研究会勉強会 シリーズ・日芸ジャーナリズムの歴史 第2回 大和田守×村上玄一 が行われました。


(「日芸ジャーナリズムの歴史」とは、諸先輩方が学んできたジャーナリズムのプロセスを知ることによって、我々マス研が現在行っている活動はそれらを土台とした上で成り立っている大きな流れの一部である、ということを再認識するための勉強会です)



大和田守
(おおわだ まもる)1949年生。日本大学芸術学部文芸学科卒。週刊誌の記者として、社会・事件・芸能・文芸をメーンに取材・執筆活動を行う。以後、週刊・月刊誌等で作家のインタビューやルポ、人物論等を発表。執筆・編集企画協力本に『広重と歩こう東海道五十三次』『ビジュアル・ワイド江戸時代館』(小学館)ほか多数。近著に『江戸の時代ってこんなに面白い!』『こんなに面白い江戸の旅』(KAWADE夢文庫)がある



村上玄一
(むらかみ げんいち)1949年生。日本大学芸術学部文芸学科卒。読売新聞社出版局図書編集部、「季刊フェミナ」「小説フェミナ」(学習研究社発行)副編集長、「小説王」(角川書店発行)副編集長、KSS出版書籍編集部編集長を経て、現職。江古田文学会常任理事。日本文藝家協会会員。著書に小説集『ジュニアは戦争へ行った』『生き方の練習』、長編小説『死に方の実習』(創樹社刊)、社会評論『記者クラブって何だ』、野坂昭如との対談『亡国の輩』(角川書店)、スポーツノンフィクション『優勝祈願』(廣済堂出版)、文章読本『小さな文章』(幻冬舎)などがある


おふたりが入学されたのは、日大闘争が激化した1968年。各学部が学生によってバリケード封鎖され大学は一年間、授業の閉講を余儀なくされた全共闘時代です。(今回の勉強会に参加してくださった文芸学科教授・清水正先生も同じく1968年入学です)


「自分たちの大学がこれからどうなってゆくのか、学生新聞の記者として興味があった」


とおっしゃる大和田先生と、


「日大闘争をしていたのは一部の学生だけ。大半の学生は早く大学が始まって欲しいと思っていた」


とされる村上先生。


視点をどこにおくかによってまったく捕らえかたが違う、と二人の先生はおっしゃいます。それぞれの立場から激動の時代のことを語っていただきました。


《つづきは下の「続きを読む」をクリック!》


続きを読む >>
posted by: 日芸マス研 | マス研勉強会&マス研情報 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) |-
マス研勉強会
 

日芸マスコミ研究会勉強会

   日芸ジャーナリズムの歴史 第一回  講師 此經啓助先生

 

 さて、先日(だいぶ空いてしまいましたが)我が日芸マスコミ研究会の勉強会が開かれました。今回の勉強会のテーマは「日芸ジャーナリズムの歴史」を学ぶということで、四回に渡って文芸学科のジャーナリズム関連の講義を持たれる先生講師をお願いしました。

 

第一回のゲスト講師は現日芸文芸学科の最古参であられる此經啓助教授です。

 

続きを読む >>
posted by: 日芸マス研 | マス研勉強会&マス研情報 | 05:48 | comments(0) | trackbacks(0) |-
新年度の抱負(!?)を語る、マス研花見@上野公園

本日(4月1日)は、新年度を祝して、マス研で花見に参りました!



訪れた場所は、花見の聖地、上野公園です!


《つづきは下の「続きを読む」をクリック!》

 

続きを読む >>
posted by: 日芸マス研 | マス研勉強会&マス研情報 | 23:23 | comments(2) | trackbacks(0) |-
マス研講演会、満員御礼、申し込み締め切りのお知らせ
 
 第3回 日芸マスコミ研究会講演会
「これでいいのか、日本のマスコミ 〜小沢一郎はなぜ叩かれたのか〜」(講師・山崎行太郎氏)につきましては、このたび、参加希望者が、用意している会場の規定人数をオーバーいたしましたので、満員御礼、申し込み締め切りとさせていただきます。たくさんの御申し込み、まことにありがとうございました。お断りせざるを得なかった方々、本当に申し訳ありませんでした。
 山崎先生をお招きし、次なる講演会の予定も計画しておりますので、なにとぞ、次回告知をお待ちください。
posted by: 日芸マス研 | マス研勉強会&マス研情報 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-